Twitterまとめ

【働き方】課長職以上に「連続9日間」の 長期休暇を取らせる7大メリット

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク



課長職以上に「連続9日間」の 長期休暇を取らせる7大メリット

長期休暇7つのメリットとは?

小山昇(Noboru Koyama)
株式会社武蔵野 代表取締役社長
1948年山梨県生まれ。東京経済大学を9年かけて卒業。「大卒は2人だけ、赤字続きだった武蔵野」を18年連続増収の優良企業に育てる。現在、750社超の会員企業を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか、日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。今回、これまで一切封印されてきた武蔵野史上最高額のセミナー「実践経営塾 箱根プレミアム合宿」のノウハウを初公開した『門外不出の経営ノート』を出版。『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『強い会社の教科書』『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』『1日36万円のかばん持ち』『残業ゼロがすべてを解決する』『数字は人格』『お金は愛』などベスト&ロングセラー多数。

わが社には「長期休暇制度」があります。

夏休み、年末年始休暇、ゴールデンウィークの他に、課長職以上は、月末・月初に9日間の連続有給休暇(1年に一度)を取らなければいけません(一般社員は5日間の連続有給休暇〈1年に一度〉)。

長期休暇中に会社で仕事をすると、「始末書」(始末書2枚で賞与半減)です。

長期休暇の日程は、社員が自分で決めるのではなく、会社(総務担当)が決めています。

どのように決めているのかといえば、テキトーです(笑)。

経営計画書の事業年度計画(スケジュール欄)の中には、「5月30日長期休暇(市倉、竹内、小林、品田)」というように、課長職以上の長期休暇があらかじめ組み込まれています。

長期休暇には、次の「7つ」のメリットがあります。

1.若手社員の離職防止につながる
プライベートを重視する若い社員にとって「長期休暇(連休)」は社員満足度に貢献する制度です。

2.ダブルキャストが実現する
月末・月初はどの現場も忙しいため、抜けた穴を誰かが補わなければいけません。部長が休めば課長が部長の代わりをし、課長が休めば一般社員が課長の代わりをするようになる。それによって社員の層が厚くなり、ダブルキャストが実現します。

3.会社人間をつくらない
社員は、職責が上がれば上がるほど、家庭を顧みずに仕事をするようになります。
仕事熱心なのは結構ですが、家庭がうまくいっていなければ、仕事で成果を出すことはできない。
したがって、社員の休暇制度を確立させておく必要があります。

4.上司も部下も成長する
部長や課長は、「自分の休暇中に自部署の業績を下げるわけにはいかない」と考えます。
そこで上司は、部下に対して自分がいなくても仕事がきちんと回るように指導する。
一方で部下は、「上司の休暇中は自分が代理を務める」ようになるため、著しく成長します。

5.モンスター社員がいなくなる
長期休暇を強制的に取れば、「その社員がいなくても、会社や部署が機能する」ことが明白になります。
「自分がいなくても会社はつぶれない」ことがわかると、モンスター社員の出現を防ぐことができます。

6.ブラックボックス化が防げる
長期休暇のタイミングで、仕事の属人化を解消させることができます。「他の人が業務を代行できるしくみ」をつくると、「仕事に人をつける」ことが可能です。

7.社員が「表面上」は仲よくなる
基本的に、本人都合による日程変更は認めていませんが、会社が決めた日程(経営計画書に明記された日程)だと、どうしても都合が悪くなるときもあります。
そんなときは別の社員と代わってもらってもかまいません。
しかし、代わってもらうためには、普段から「表面上だけでも、仲よくしておく」必要があります。
仲が悪かったら代わってもらえないので、当社では社員同士のいさかいが起きません。

連続した長期休暇を社員に取らせたり、社長自ら取ったりするのはおもいきりが必要です。

しかし、一度でも強制的に実施してしまえば、メリットの多いしくみであることが理解できるでしょう。

https://diamond.jp/articles/-/245827

Twitterの反応

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

これはとてもいい方法だと思います。
ブラック企業ほど嫌がりそうですが・・・

人生100年時代を生きるには仕事だけでは不十分

パワポで作るのが意外とムズイ。ライフキャリアレインボー

この図はライフキャリアレインボーといい
人生におけるそれぞれの役割が表されています。

一般的なキャリア論ではグリーンの「職業人」を
指して、その中で自分の市場価値を上げるために
スキルを上げる方法などを取りだたされることが
多いのです。

仕事に依存してはダメ。

ですが、ごらんのとおり、「人生100年時代」と言われ、
仕事している期間も成人以降人生の半分以下です。

本来は仕事以外にも配偶者であったり、
親で在ったり、また子であったりと
様々な役割があるにも関わらず、
仕事に逃げてしまっているサラリーマンは
たくさんいます。

記事本分にもありましたが、
仕事だけしているだけではいけません。
家庭を大切にするのはもちろんのこと、
人生を謳歌することが人生の一番ミッション
だと私は考えています。

なのに、仕事以外なにもしていない
そんな人生では仕事以外にあなたに
いったい何が残ると思いますか?

仕事を退職した後に友達も知り合いもいない。
何の生きがいもなく廃人のようになっている
年配者もたくさんいます。

私の相談室にもそういった方が来られますが、
そういう方ほど過去の栄光を振りかざし、
自分は偉いと思い込んでいる傾向がとても強い
ように感じています。

こうなってしまうと、よくニュースとかでみかける
迷惑老人的なアレととても感じが近いです。

会社でいくら偉かろうが、会社を一歩出て
社会に戻ればただの人、
いくらデカい家に住んでいたとしても
それではただ孤独な余生になってしまいます。

仕事は人生の一部でしかない

欧米では Work for Life.
人生の為の仕事といい。

日本人は Work is Life.
仕事こそが人生といいます。

ですが、見方を変えてみれば、
仕事以外の役割から目を背けているだけ
になってしまっていないでしょうか?

仕事は人生のうち、大きなウェイトを占める。
これは間違いのない事実ですが、
それでもライフキャリアレインボーでもみて
分かる通り仕事=人生ではありません。

自分の為に未来に資する種を蒔こう。

世の中は因果応報、善因善果、悪因悪果といいます。

良い原因を作れば、良い結果が訪れ、
悪い原因を作れば、悪い結果が報いとなってやってくる。

いかがでしょうか?
善因善果になっていますか?

時に生き方を考えてみるのは
私はとても大切なことだと感じています。

Twitterでは自分らしく生きるをテーマに
生き方や働き方を呟いたり、無料相談もしています。

良ければ、Twitterアカウントのフォローや
下記のブログランキングに応援頂けると嬉しいです。

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)




コメント

タイトルとURLをコピーしました