スポンサーリンク
Twitterまとめ

【雇用】コロナ失業が7万人を超。これから来るのは普通のサラリーマンではヤバい未来。

Twitterまとめ
スポンサーリンク

新型コロナ影響の失業者 7万人超える 厚生労働省

新型コロナ影響の失業者 7万人超える 厚生労働省

新型コロナウイルスの影響で仕事を失った人が、見込みも含めて全国で7万人を超えたことが、厚生労働省がハローワークなどを通じて行った調査で分かりました。仕事を失った人は、実際にはさらに多いとみられ、厚生労働省は再就職に向けた支援を進めています。

厚生労働省は新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化した企業などから、解雇されたり、契約を更新されない「雇い止め」にされたりしたケースについて調査しています。

それによりますと、ことし1月末から今月6日までに、解雇や「雇い止め」で仕事を失った人は、見込みも含めて7万242人となり、7万人を超えたことが分かりました。

全国のハローワークなどで把握できた人数であるため、仕事を失った人は実際にはさらに多いとみられます。

新型コロナウイルスの影響で仕事を失った人は、ことし5月21日に1万人を超えた後、8月31日に5万人、9月23日に6万人を超え、その後も増え続けています。

また、先月30日時点のデータを業種別でみると、
▽製造業が1万2979人、
▽飲食業が1万445人、
▽小売業が9378人、
▽宿泊業が8614人、
などとなっています。

新型コロナウイルスの影響で、仕事を失ったパートやアルバイトなど非正規雇用で働く人は、ことし5月25日から先月30日までで、見込みも含め3万3692人となっています。

厚生労働省は「雇用調整助成金」などを積極的に活用し、企業に雇用を維持するよう呼びかけるとともに、再就職に向けた支援を進めています。

愛知 解雇で休職中の男性は

愛知県の40代の男性は、セラミック製造業の正社員として3年半働いてきましたが、新型コロナウイルスの影響で8月下旬に解雇通告を受け、9月下旬に仕事を失いました。

男性は、会社から解雇理由説明書を渡され、この中には「コロナ禍で一部の事業を縮小せざるを得ないこと」と書かれていました。

男性は高校を卒業後、社会人になってから製造業の現場で誇りをもって働いてきました。まさか仕事を失うとは、想像していなかったといいます。

男性は「解雇と言われて頭が真っ白になりました。自分はものづくりが好きで、ずっと製造業でやってきました。まさか自分が仕事を失うことになるとは思いませんでした」と話していました。

男性は現在、ハローワークに通って仕事を探していますが、なかなか見つかりません。

実家で高齢の両親と暮らす男性は今後、家族に病気などがあればまとまったお金が必要になり、仕事が見つからない状況が続く現状に不安を感じています。

男性は「相談に乗ってもらって少し不安が和らいだが、求人は少ないですし、コロナの影響は大きく、厳しいじゃなくてものすごく厳しいと感じます。製造業の現場でずっと来たのでできれば同じ業界でと思っているが、少し視野を広げて、両親を安心させるためにも1日も早く仕事が見つかればと思っています」と話しています。

三重 鈴鹿 解雇された外国人は

三重県鈴鹿市に住むペルー人のパオラ・渡辺さん(41)は、エアコンの基板を製造する四日市市内の工場で働いていましたが、ことし9月、解雇されました。

日系ブラジル人でトラックの運転手をしている会社員の夫と11歳の娘と3人で暮らしていますが、生活は苦しく、鈴鹿市が自動車学校に委託し開いているフォークリフトの運転技能講習会に参加しました。

パオラさんは、同じ鈴鹿市に住むペルーやブラジル出身の人たちと一緒に通訳付きの座学と実技講習の合わせて5日間でフォークリフトの扱い方を学びました。

パオラさんは「新型コロナウイルスの影響で仕事が減り、クビだと言われました。生活に困っています。講習の費用を行政に出してもらって本当に助かります。資格を得てもっといい仕事を見つけたい」と話していました。(以下略)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201109/k10012702051000.html

関連記事

先月の企業倒産 647件 3か月連続の減少も増加懸念

先月、全国で倒産した企業の数は647件で、去年の同じ月と比べて3か月連続で減少しました。信用調査会社では実質無利子・無担保の融資などの支援策によって倒産件数が抑えられている一方、今後、増加に転じるおそれもあると分析しています。

民間の信用調査会社、帝国データバンクによりますと、先月、1000万円以上の負債を抱えて法的整理の手続きをとった企業の数は647件で、去年の同じ月と比べ、17.6%減りました。

10月の件数としては、民事再生法が施行された2000年以降で過去2番目に少なく、負債総額も669億4800万円と、過去もっとも少なくなりました。

調査会社では、新型コロナウイルスを受けた実質無利子・無担保の融資など資金繰り支援策が倒産件数の減少につながったと分析しています。

一方、新型コロナウイルスの影響で倒産した企業は、ことし2月から10日午後2時までの累計で693件に上っています。

帝国データバンクでは「現状の支援策が途絶えれば、倒産が今後、増加に転じるおそれもある」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201110/k10012704351000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

Twitterの声は?

編集部のコメント

引用元:総務省 統計局:労働力調査(基本集計) 2020年(令和2年)9月分結果 追加参考表 就業者及び休業者の内訳

実際はもっと深刻。休職状態にある人は未だに164万人。

Hidesuke
Hidesuke

失業者が増えて7万人となりましたが、実態としては、コロナ関連含め休業者が164万人もまだいますので、コロナで職につけていない人と考えると170万人以上の人が仕事できていないと考えるのが正しいと思っています。

2つ目のニュースでもありましたが、帝国データバンクのいう通り、今の支援策がなくなれば倒産に転じるというところはますます増えると思います。

コロナ禍は失職200万人クラスの災害レベル

みなさんのコメントの中にもあった通り、これからますます失業者も倒産も増えるでしょう。

企業もなりふり構っていられないでしょうから、生き残りをかけて、リストラやDX化(自動化・省力化)による人員削減や、限定化雇用やジョブ型雇用を推進してくるでしょう。

もうすでに最低賃金だとか給与が安いとか、どうこう言っている場合では正直ないです。
感覚的には200万人クラスの災害レベルだと思うくらいがちょうどいい。

これはあるアパレル会社の社長の記事。一部、抜粋して引用します。

「倒産します、すいません」ぼろ泣きでLINE送り続けたアパレル経営者 嗚呼コロナ(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース
 今年、降ってわいたように出現した「新型コロナウイルス」は、私たちの暮らしを激変させました。いきなり窮地に立たされ、戸惑い、迷う日々を送る人はたくさんいます。コロナ禍を生きる人たちの声に耳を澄ましま

■倒産します、すいません!

 会社の倒産に合わせ、従業員や取引先に通知が郵送されるんです。弁護士からは直接、連絡を取らないように言われていました。

 でも、だめですね。朝8時ぐらいから、取引先にLINE(ライン)を送り始めました。もう、ぼろ泣きです。「倒産します、すいません!」って。

 その後、中心になって支えてくれた従業員に会いに行きました。女性のスタッフ3人です。自分の口で説明したかった。会うのも久々だったんで、「元気でしたか?」って聞いて、倒産の経緯とかを話して…。コロナ禍で泣いたの、後にも先にもこの日だけです。

 やっぱりね、きれいに終わることはできないんだけど、できる限りのことはしたかった。取引先のメーカーの中には数百万円の損失を出させてしまったところもあります。商品を仕入れたのに、会社がつぶれて支払いができない。めっちゃ迷惑、掛けてます。

 それなのに「(損失を)そんなん少ない、少ない」って言ってくれるんです。1円でも迷惑掛けたらあかんのに。  法律と人情って、違うと思うんです。個人投資家とか元従業員とか、迷惑掛けた人たちが優しい声を掛けてくれました。

 だから負い目、めちゃめちゃあります。

https://news.yahoo.co.jp/articles/38606afcf4d26ee1c1608f0021b4d311b4caee2f
Hidesuke
Hidesuke

今、世の中の中小企業の多くはほんとこんな感じだと思います。

国に株式を国有化してもらって、守られている大企業と違います。
中小企業の破綻とは経営者の破産と同意ですから、
家も財産も全部持っていかれてしまう。

家族に苦労を掛けたくないと生命保険で清算しようと、自らの命で償う
経営者も少なくありません。

コロナで働き方の当たり前が変化する。

この記事によると、企業が絶対に手放したくない優秀人材は以下の通りなんだとか。

◆企業が絶対に手放したくない優秀人材

タイプ1:自己管理ができ、成果を出せる人
タイプ2:オンラインに対応したコミュニケーション能力を磨いている人
タイプ3:情報量が豊富で相手がコミュニケーションしたくなる価値を備えている人
タイプ4:仕事をしながら、能力を高められるように学び続けられる人
タイプ5:環境変化に柔軟に対応できる人

https://president.jp/articles/-/40233
Hidesuke
Hidesuke

「会社に依存せず、自立して生きていける力を備えた人」

これって言い換えれば、会社に勤めなくても生きていける人ですね。。。
会社に勤めるというよりもフリーや自分で起業しそうなタイプに多い特性です。

つまり、これから企業が求めるのは、黙って指示に従う人材ではなく、
ビジネスパートナーになれる存在という意味なんですけどね。

ただ、ぶっちゃけいえば、そんな人はたかだか400万そこそこじゃ専属では働いてくれないとは思います。企業側も都合のいい事ばかりいっている感じはします。

そして、この流れを見ていると、雇用としては折り合わなくなるので、社員がフリーランス化して雇用契約から委託業務になっていく予感しかしませんね。

今日はアンケートが思いつかないのですが、こんな感じでしょうかね。

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)

 

タイトルとURLをコピーしました