スポンサーリンク
Twitterまとめ

銀行口座やペイペイメルペイ等電子決済サービスで相次ぐ不正取引。その対処法は?Twitterまとめ

Twitterまとめ
スポンサーリンク

ゆうちょ銀行、決済10社と連携停止 ペイペイなど5社でも被害―不正出金

 NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使った銀行口座からの不正出金が全国で相次いでいる問題で、日本郵政傘下のゆうちょ銀行は15日、即時振り替えサービスの提携先12社のうち、ドコモ以外にも5社で被害が発生していると明らかにした。ソフトバンク系の大手「PayPay(ペイペイ)」が含まれる。被害拡大を防ぐため、ゆうちょ銀は同日までに10社について新規口座登録とチャージ(入金)を停止した。

 キャッシュレス決済をめぐる不正出金問題はドコモ以外の大手事業者に波及した。
 新たに不正出金が判明した5社のうち、ペイペイでは、今年1月以降に17件、計141万円の不正出金が確認された。新興企業のKyash(キャッシュ、東京)でも3件、計23万円の被害が見つかった。
 入金を止めたのはドコモなど3社のほか、LINEの「ラインペイ」、「PayPal(ペイパル)」、「楽天エディ」など。ドコモ口座では、被害発覚後に銀行との連携を止めなかった既存口座からの不正出金が確認されており、早急な対応が必要と判断した。
 決済事業者側はゆうちょ銀と協議の上、被害者に全額補償する方針。
 ゆうちょ銀は、6社の被害額や発生時期、ドコモ、キャッシュ以外の社名を明らかにしていない。ペイペイは取材に対し被害発生を認めた。提携先12社・サービスのうち、楽天エディのほか「プリン」、「ゆめか」、「ファミペイ」、「ペイビー」では被害が発生していないという。より強固な認証を導入済みのファミペイなど2社はゆうちょ銀からの入金を続ける。
 高市早苗総務相は15日の閣議後記者会見で、ゆうちょ銀口座での被害拡大を受け「不審な出金がないか幅広く確認しないといけない」と、預金者に警戒するよう呼び掛けた。
 一方、キャッシュは15日夜、提携先のイオン銀行でも1件、30万円の不正出金を確認したと発表。同行口座の新規登録と入金を停止した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091500575&g=eco

ゆうちょ銀行 不正引き出し これまでに109件 1811万円被害確認

ゆうちょ銀行は、連携する電子決済サービスを通じて不正に貯金が引き出されていた問題で、これまでに連携する12のサービスのうち10のサービスで、合わせて109件、1811万円の被害が確認されたと発表しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200916/k10012621181000.html

ゆうちょ銀行 不正引き出し「メルペイ」でも

うちょ銀行が提携する電子決済サービスで不正な引き出しがあった問題で、スマホ決済サービスの「メルペイ」でも、3件、49万円余りの不正な引き出しがあったことがわかりました。

「ドコモ口座」を通じた預貯金の不正な引き出し問題に関連して、ゆうちょ銀行は提携している12の電子決済サービスのうちドコモ口座以外に5つのサービスで被害があったとしています。

ゆうちょ銀行はこの5つのサービスの具体名を公表していませんが、これまでにスマホ決済の「PayPay」と「Kyash」が、それぞれ被害があったと明らかにしています。

そして16日、新たにスマホ決済の「メルペイ」も、3件、49万円余りの不正な引き出しがあったと発表しました。

メルペイはことし2月にゆうちょ銀行との連携を始めましたが、不正な引き出しはいずれも先月に相次いでいたということで、被害の全額を補償する方針です。

また会社では16日以降、なりすましを防ぐため、本人確認の手続きを強化するとしています。

【発表】SBI証券の顧客資産計9864万円が流出

 インターネット証券のSBI証券は16日、顧客6人の6口座から計約9864万円が流出したと発表した。不正なログインがあり、ゆうちょ銀行と三菱UFJ銀行に不正に開設された口座に出金されたという。

https://news.livedoor.com/article/detail/18907530/

ゆうちょ銀行 不正引き出し問題 副社長が会見で陳謝

ゆうちょ銀行は、連携する電子決済サービスを通じて不正に貯金が引き出されていた問題で、さきほどから田中進 副社長が会見し「広くお客さまにご迷惑をおかけしております。深くおわびいたします」と陳謝しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200916/k10012621151000.html

ゆうちょ銀、ペイペイなど6サービスで被害 ドコモ口座以外に拡大

 NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正な預金引き出しが見つかった問題に関連し、高市早苗総務相は15日の記者会見で、ゆうちょ銀行と提携する決済サービス業者12社のうち「(ドコモを含む)6社で被害が生じている」と明らかにした。

 ドコモ口座以外の決済サービスでも同様の被害が判明したことで、今後も類似事案が拡大する可能性が高まった。

 ゆうちょ銀と提携する12社のサービス名は、ドコモ口座のほか、Kyash(キャッシュ)、ペイペイ、ペイB、ファミペイ、pring(プリン)、ペイパル、支払秘書、メルペイ、ゆめか、LINEペイ、楽天Edy。

 一方、ゆうちょ銀は15日、高市氏が被害が生じていると言及した6社のサービスのうちうち1つはキャッシュだと明らかにした。また、ペイペイも15日、ゆうちょ銀口座からの入金に関して、今年に入ってから計17件(約141万円)の不正な取引を確認したと公表した。

 ゆうちょ銀はドコモ口座との連携はすでに停止済み。14日にはキャッシュについても新規登録とチャージ(入金)を停止しているという。また、残る10社のサービスのうち、ペイペイを含め、2段階認証を行っていないなど安全対策が不十分な8社とのサービスを停止する。

 高市氏は記者会見で、「NTTドコモだけではないということだ」と述べ、ゆうちょ銀の口座を持つ人に向け、類似サービスでも不審な出金がないか確認するよう呼び掛けた。今回発覚したゆうちょ銀からの不正引き出しは、総務省が10日に、ゆうちょ銀からヒアリングを行った際に説明を受けたという。

 一方、NTTドコモは新たに23件、計134万円の被害を確認したと発表。一連の被害は計143件、総額2676万円となった。

https://news.livedoor.com/article/detail/18900133/

相次ぐ不正出金、Twitterの反応は?

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

私もネットで色々と対応策を探してみましたが、できることはネットバンキングで小まめに口座を確認して、怪しい取引はすぐに申し出るしかありましせん。
前回の記事で投資銀行の案をだしましたが、セキュリティ最強を謳っていたネットの投資系銀行までが、やられたとなると安全な場所はありません。

こんなことが続くとせっかく動き出したキャッシュレス化そのものが後退しそうです。
一刻も早く各社ともに安全なセキュリティを確立してほしいものですね。

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました