Twitterまとめ

【コロナで変わる世界】リモートワーク定着する約8割。東京の半数以上がコロナ後もリモート希望。地方への関心高まる。転職業界にも動き。

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク

IBMの調査で判明。コロナ後も54%はリモート希望

労働者の54%はパンデミックの後も「リモートワーク中心がいい」 —— IBM最新調査

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)は、多くの働く人々をオフィスから自宅へと追いやった。だが、最新調査によると、労働者の54%はこのままフルタイムでリモートワークを続けたいと考えている。

IBMが2万5000人を対象に実施したこの調査は、新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、いかに人々の仕事への態度や移動、レジャーが変化したかを調べたものだ。

在宅ワークは働く人の幸福度を高め、従業員と雇用主の両方にとってお金の節約になる可能性がある。

新型コロナウイルスのパンデミックは、世界中の人々の働き方、買い物の仕方、人との付き合い方を変えている。こうした”自粛”中のライフスタイルの変化の全てがこのまま根付くわけではないだろうが、多くの従業員は在宅ワークの存続を願っている。

IBMが実施した最新の調査では、従業員の54%がリモートワーク中心で働きたいと考えていることが分かった。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、何百万という人々がリモートワークに切り替えた。そして、自宅中心のルーティンに慣れるにつれ、多くの人々がパンデミックの後も柔軟性と生産性を高めるのに役立つとして在宅ワークを続けたいと考えている。

IBMのこの調査は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がいかに在宅ワークを含むさまざまなトピックに対する見方を変えたか調べることを目的に、4月に2万5000人以上のアメリカ人を対象に実施された。

調査の結果、回答者の75%が少なくとも部分的にでも在宅ワークを続けたいと答え、40%が雇用主は従業員にリモートワークの選択肢を与えるべきだと「強く感じる」と答えた。

在宅ワークは人気があるというだけでなく、フルタイムで在宅勤務をしている人は在宅勤務を全くしていない人に比べ、仕事に対する満足度が22%高いという研究結果もある。

また、リモートワークは従業員にとって魅力的なオプションだ。住居費を節約する助けになるからだ。オフィスに顔を出さなくて済むなら、もっと柔軟に郊外や田舎に住んで働くことができる。

ただ、リモートワークへの切り替えは従業員だけでなく、雇用主にとってもプラスになる可能性がある。家賃の高い大きなオフィスを借りる代わりに、小さめのスペースを借りることで経費の削減になる —— 専門家も今後、オフィスは”従業員が毎日通う場所”から重要な会議や共同作業のための”ミーティングスポット”に変わるだろうと見込んでいる。

米保険会社ネイションワイド(Nationwide)といった一部企業はすでに、リモートワーク(フルタイムまたは一部)への永続的な切り替えを決めている。

働き方の好みの変化は、IBMの調査のもう1つの項目の結果 —— 移動には公共交通機関やライドシェア、タクシーよりも自分の車を使いたいと考える人が多い —— とも密接に関係している。

鉄道やバス、地下鉄といった公共交通機関を定期的に利用してきた回答者の20%近くが「公共交通機関はもう利用しない」と答え、28%は「利用は減るだろう」と答えた。

ライドシェアやタクシーも同様だ。回答者の17%は「自分の車をもっと使うつもり」だと答え、25%は「自分の車を唯一の移動手段として使う」と答えている。

https://www.businessinsider.jp/post-212467

Twitterでみつけた賛成意見

もちろん反対意見もある

リモートワーク関連人気商品はコチラ

在宅勤務「定着する」8割強、一般化で副業や地方在住の増加が予想

在宅勤務「定着する」8割強、一般化で副業や地方在住の増加が予想(BCN) - Yahoo!ニュース
 ビッグローブは、新型コロナウイルス感染症の影響によって在宅勤務を行っている男女を対象に実施した「在宅勤務に関する意識調査」の調査結果・第3弾を5月7日に発表した。  調査は、新型コロナウイル

在宅勤務「定着する」8割強、一般化で副業や地方在住の増加が予想
ビッグローブは、新型コロナウイルス感染症の影響によって在宅勤務を行っている男女を対象に実施した「在宅勤務に関する意識調査」の調査結果・第3弾を5月7日に発表した。

 調査は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴って会社から在宅勤務を認められ、直近3週間で週に1日以上在宅勤務をしている20~60代の男女1000人を対象に、3月13~15日の期間に行われている。

 調査対象者に、「あなたは新型コロナウイルスの流行を機に日本企業に在宅勤務などのリモートワークが定着すると思いますか」と尋ねたところ、「定着すると思う」が19.1%、「一部では定着すると思う」が64.8%、「ほとんど定着しないと思う」が12.7%、「定着しないと思う」が3.4%で、8割強が日本で在宅勤務などのリモートワークが定着する可能性があると答えた。

 「あなたは今後も在宅勤務などのリモートワークをしたいと思いますか」と尋ねた質問では、「通常時も在宅勤務などのリモートワークをしたい(する機会を増やしたい)」(53.0%)という回答が最も多く、「今回のような非常時には在宅勤務などのリモートワークをしたい」(42.4%)、「今後、在宅勤務などのリモートワークをしたいと思わない」(4.6%)が続く。

 在宅勤務をする上で適切だと思う日数については、「1週間のうち2日程度」(29.8%)が最多で、「1週間のうち3日程度」(28.3%)が僅差で続いた。

 「日本国内で在宅勤務が一般的になった場合、ビジネスにおいて起こり得ると思うことをお答えください」という質問(複数回答)では、「チャットツールが普及する」(48.6%)、「オンライン会議が普及する」(44.9%)、「オフィスが縮小する」(41.7%)、「成果主義になる」(40.8%)、「重要書類も含めてペーパーレスになる」(37.5%)が上位となっている。

 なお、2割弱の人は「仕事に手を抜く人が増える」「企業の情報漏洩が増える」と、在宅勤務のネガティブ面も予想する。

 「日本国内で在宅勤務が一般的になった場合、社会現象として起こり得ると思うこと」としては(複数回答)、「副業をする人が増える」(49.5%)という意見が最も多く、「地方に住む人が増える」(38.8%)、「共働き夫婦が増える」(36.5%)、「対面でのコミュニケーションが苦手な人が増える」(24.8%)、「住まいに関する消費が増える」(20.7%)といった意見が寄せられた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00171669-bcn-sci

地方暮らしにも関心が

東京圏の半数が地方暮らしに関心 在住の1万人、ネット調査
政府は、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)在住の1万人を対象にしたインターネット調査の結果をまとめた。東京圏以外の地方で暮らすことに関心を持っているとの回答が全体の49.8%を占めたほか、若い層ほど関心が高い傾向も浮かんだ。
 1月30日~2月3日、東京圏に住む20~50代を対象にアンケートした。地方暮らしに「関心がある」と答えたのは15.6%で、「やや関心がある」が15.5%、「気にはなっている」18.7%だった。「関心がない」「あまり関心がない」は計47.0%。
 地方移住を具体的に計画している「計画層」の平均年齢は35.7歳と最も低かった。

https://this.kiji.is/634292055241393249?c=113147194022725109

編集部より

 毎日、満員電車にのって片道一時間かけるとなると、日に2時間、月間40時間、年間に直すと480時間かかります。

 当然ながら、外出なので身支度もしなければいけませんし、一時間前に起きるとすれば、年間ベースで720時間かかるわけです。通勤が長くなるほど、これは倍々的に増えて来るわけですが、それがリモートワークでフリーになったらこんな幸せなことはありません。

リモートワークはパンドラの箱だった。

 これはコロナ前、働き方改革の頃から日本の時間単位の生産性は先進国の中でもかなり低いとよく言われていたことですが、ここもリモートワークで大きな改善を見られているのではないかと感じています。

 ご存知の通り生産性を求める式は下記の通りですが、

売上(利益)/投入時間(実働時間×社員数)

 でも実はこれって個人についても言えることなんですよね。
 個人の仕事に対する生産性の求め方は年収をベースに投入時間を考えますが、この中には先ほど書いた通勤時間や支度にかかる時間も入ってきます。

年収/(実働時間+通勤時間+支度の時間)

 例えば年収400万円のサラリーマンが2000時間労働して、1000時間を通勤や支度に使ったとすると個人単位の時間当たりの生産性は下記のとおりです。

4,000,000円/3,000時間=1,333円

 これをリモートワークにするだけで、1000時間が圧縮出来て、単純計算で時間単価が2,000円に跳ね上がるようになるわけです。

しかも朝、ゆっくりと寝られるというオマケ付きです(笑)
もうどっちがいいかなんて考えるまでもありません。

 もちろんリモートワークのメリットはそれだけではなく、言い方は悪いですが、面倒ごとをいってくるウザい人間の顔を見なくて済みますし、上司からのワケわからない理不尽な命令も会社にいる時より飛んできませんし、どうでもいい雑用仕事も減るでしょう。

 どうでしょう?これだけで仕事のストレスは85%カットではないでしょうか?


 日本人はコロナウィルスの蔓延によって、リモートワークというパンドラの箱を開けてしまったワケです。

 今さらスマホや携帯電話のない世の中にはもどれないように、一度、変わってしまったものは、もう元の世界には戻らない。

 世の中はそういうものだと思います。

企業にとってもメリットが多いリモートワーク

 リモートワークには個人だけではなく企業にも大きなメリットがあり、主に収益改善に大きな変化をもたらすことが見込めます。

1.社員が通勤しないので交通費がかからなくなります。

2.都心に大きなオフィスが必要なくなります。
  ➡相当額の固定費は削減できるようになります。

3.時間管理から工数管理へ 労使協定で工数管理とすることができる。
  ➡無駄な残業代が発生せず、成果報酬の体系や評価が自然にできます。
  ➡結果として採算改善が見込めます。

4.働かない人が減る。
  ➡よくいわれる働くフリをしていた社員が自然と脱落していきます。

5.人材確保の幅が広がる。
  ➡出社の必要がないのであれば、地方にいる人材をオファーできる。
  ➡報酬形態の自由度が高くフリーランスなどの専門家の力も借りることができる。

クラウドワーカーや現場作業の人材の希少性ががあがる。

 クラウドワークスなどのWebサービスを利用されたことのある方ならわかると思いますが、残念ながら時間単価で500円にも満たない案件が未だにたくさん掲載されています。
 私もフリーランスとして駆け出しのころはよく仕事をさがしましたが、とても食べていける値段ではないと閉口したのをよく覚えています。
 ただ、これも前述したように専門性の高い、もしくは腕のいいクラウドワーカーには人気が集まるようになるでしょう。

 また、リモートワークのできない職種の人たちの賃金も正社員と比べるととても低く、特にアルバイトに関して言えば、最低時間給は年々上がるものの、東京都でさえようやく1,013円と1,000円を超えた程度となっています。

 これは私の推測なのですが、世の中でリモートワークが中心になると、このような現場で働かざるを得ない職種の人材も必然的に価値が上がってくると考えています。

 これから数年の間は、新型コロナウィルスによって感染リスクにさらされる危険性があるのですから、当然誰もがリモートワークで働きたいと考えるようになるでしょうし、現時点でさえ、リモートワークができるIT業界への転職希望者が多いとも話を聞きますし、未経験からエンジニアになる勉強と職業紹介によるサポートがセットになったサービス 出てきていますから、労働者がシフトしていくことは優に想像がつきます。

 また、感染リスクは誰もが嫌でしょうし、必然的になり手が減ることが予想されますし、今回のコロナ禍の中でもあったように感染リスクによる危険手当が定着するのではないかと考えています。

 それに旧知の転職エージェントの話だと、地方に住む方、地方に移住したい方へリモートワークの求人を斡旋する専門サイトも立ち上がってきているそうですし、これからこの流れはますます加速すると思われますし、そういう意味では人材サービス業界や転職業界も大きく様変わりしていく感じがしています。(筆者は元転職コンサルタント)

これからは働くことに幸福度を求める時代

 ただ、中にはテレワークにすると、社員の帰属意識が薄れて転職されてしまうんではないか?
 通勤させることで顔色や態度で社員のやる気や帰属意識を見て取れるし経営者自身も安心するなんていっている経営者もいるようですが、社員は経営者を安心させるために、毎日しんどい思いをして会社にきているワケではありません。

そういう会社は、社員が自社で働くメリットをきちんと提供できてないってことを、自白してるに過ぎないのではないでしょうか?

リモートワークや通勤でのオフィスワークに関係なく、そう言った会社からは残念ながらどんどん人材は流出していくようになると思いますし、その逆、幸福度を考えてくれる会社に人は集まるようになると思います。

最近では、労働組合がこんなサービスを始める世の中になりました。
いきなり社員に辞められた!!なんてことにならないように、是非社員満足度あげるようご注力頂ければと思います。

もし、それでもどうすればいいかわからないという経営者の方は、一度、コチラを読んでみてもらえればと思います。以前に書いたノートですが何かの参考になれば幸甚です。

リモートワークでストレスをためない為の働き方|ひですけ@ハタラキテノコエ|note
リモートワークは時間ではなく成果で管理 考え方なんですが、サボってもいい代わりに時間ではなくプロジェクトで管理する方法を考えないといけないと思うですよね。 家で仕事するんだから、子供が泣けば行かなきゃいけないし、宅急便だって届く、洗濯終わったら干さなきゃいけない。 そういうことを考えた時に就業時間は仕事だけしてれ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました