ワシントンポスト『北京オリンピックではなくジェノサイド五輪と呼べ!」世界で政治ボイコット拡がる。

「ジェノサイド五輪」と呼べ ワシントン・ポストが社説

【ワシントン=渡辺浩生】米政府が中国による新疆ウイグル自治区などの人権弾圧に抗議し「外交的ボイコット」を表明した北京冬季五輪について、7日の米紙ワシントン・ポスト(電子版)は「ジェノサイド(民族大量虐殺)五輪」と命名する社説を掲載した。

社説は「米国のボイコットは始まりにすぎない」として「同盟国は後に続くべきだ」と強調。派遣される選手団には「弾圧の犠牲者と連帯して非難の声をあげる必要がある」とし、メディアには「紙面や放送時間を費やし、凄惨(せいさん)な虐待の真実を伝えるべきだ」と注文した。

スポンサー企業には「習(近平)政権が人道に対する犯罪を封印することに手を貸すことに恥を知るべきだ」と厳しく指摘。世界中の国や企業、市民が「大会を『ジェノサイド五輪』と呼ばねばならない」と呼びかけた。

人権尊重などをテーマに100以上の国や地域が参加する民主主義サミットが9日から開催されることから、国際社会へのアピールを狙ったようだ。

https://www.sankei.com/article/20211208-DC4E6LFY4JL7DMSW5KWEFJNADI/

Twitterでも共感拡がる

中国外務省はすかさず反論「誤った判断の代償支払うことになる」

 【北京時事】中国外務省の汪文斌副報道局長は9日の記者会見で、米国とオーストラリアに続き、英国、カナダも来年の北京冬季五輪の外交ボイコットを表明したことについて「誤った行為に代償を払うことになるだろう」と警告した。中国がこれまで関係国に招待状を送ったことはないとの立場を繰り返し、「彼らが来ようと来まいと北京五輪は成功裏に開催される」と強調した。

 対応を明確にしていない日本に対しては、「中国は東京五輪の開催を全面的に支持した。今度は日本の基本的な信義を示す番だ」とけん制した。
 汪氏は、米豪のボイコット表明時に示していた「強烈な不満」という表現は9日の会見では使わず、多くの国連加盟国が五輪を支持していると主張した。国際社会を過度に刺激することを避け、ボイコットの動きがさらに広がるのを抑えたい意向とみられる。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021120901139&g=int

管理人の感想「中国は何を勘違いしているのか?」

世界は『いじめは良くないよね。』とか『他人の物を奪うのは良くないよね。』って言ってるに過ぎないんですよね。

それを内政干渉だから口出しするなっていうのは、裏を返せば『他人は虐めます。他人のものは俺のものです。』って言ってるに過ぎない訳で、それで世界が許してくれるかと言われれば・・・
ジャイアンかよwwwって感じです。

中国は覇権をみたいなこと言うたびに思うのは・・・

『宇宙にまで民間人が行く時代に、いつまでもキングダム脳じゃあかんやろw』

【広告】Amazonプライムビデオでキングダムを見る

アンケート

ポチっと応援ヨロシクです。