Twitterまとめ

【米中対立】チャイナリスク即日爆誕。中国商務省「俺様にたてつく奴はぶん殴るリストにいれてやる!」

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国、信頼欠く企業や国、個人「エンティティーリスト」の制裁対象に

国政府は「エンティティーリスト」に掲載した信頼を欠く企業や国、団体、個人に対し、取引と投資、ビザ(査証)の制限を含む制裁を科す方針を明らかにした。中国商務省が19日にガイドライン(指針)をウェブサイトで公表した。

  商務省によれば、中国の主権と国家安全保障、発展、ビジネス上の利益に対する脅威あるいは潜在的脅威になるか、中国の企業や団体、個人を差別したり、害を及ぼしたりするエンティティーの名前がリストに掲載される。

  これらのエンティティーを対象に投資の禁止や仕事および在留許可の制限、場合よって制裁金を科す新たな政策措置が19日から即日実施される。ただ、掲載予定のエンティティーには行動を修正する一定の猶予期間が与えられる可能性がある。

  中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」および対話アプリ「微信(ウィーチャット)」の新規ダウンロードと更新を禁止する米商務省の発表が行われた直後に中国のエンティティーリスト指針が公表された。

  中国商務省は19日の別の声明で、ティックトックとウィーチャットに対する米国の動きに強く反発し、中国企業の法的利益を守るため「必要な対応」を取ると表明したが、詳細は明らかにしていなかった。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-19/QGW706DWLU8R01?srnd=cojp-v2

中国「主権侵害」の外国企業の活動禁じる新制度を即日施行 米への対抗措置か

【北京=三塚聖平】中国商務省は19日、中国の主権や中国企業の利益を損なうと判断した外国企業をリスト化し、輸出入や投資を禁止・制限する新たな制度を発表した。トランプ米政権が中国企業への圧力を強める中で、中国政府による対抗措置の一環とみられる。

 商務省が発表した規定によると、中国の国家主権や安全に危害を及ぼすほか、中国企業の合法的な権益を損なったと判断した外国の企業や組織、個人をリストに載せる。指定された企業などに対して、中国に関わる輸出入や投資の制限や禁止といった措置をとる。同規定は即日施行した。

 新制度は、米国が行っている安全保障上の利益に反することなどを理由に輸出を規制する「エンティティーリスト」の中国版の位置づけ。中国は昨年5月、同制度を策定する方針を示しており、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への圧力をトランプ政権が強めていることへの対抗措置とみられていた。

 現在、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」などをめぐり米中両政府が水面下で駆け引きを続けており、新制度には米側を牽制する狙いがあるとみられる。

https://www.sankei.com/world/news/200919/wor2009190022-n1.html

Twitterの反応

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

ほんま。脳内がキングダムでやることはジャイアンか。

少しはこの動画のジャイアン見習ってほしいものです。
※息子が見てたのを横から見ててジワジワした動画。

あ、ちなみにコミック版ドラえもんって何刊まであるか知ってます?

ジャイアン謝罪会見wwwwwwwwwwwwww

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)

コメント

タイトルとURLをコピーしました