スポンサーリンク
Twitterまとめ 働き方 時事

JAL出向・派遣500人。日本の低失業率を支える雇用慣習。日本の雇用はどうなるのか?

Twitterまとめ
スポンサーリンク

JAL、出向・派遣500人規模 物流や自治体に期間限定(日経新聞)

日本航空(JAL)がグループ社員約500人を一時的にグループ外企業に出向や派遣していることが、29日わかった。受け入れ先はヤマトホールディングスグループなど大手物流会社や自治体、教育機関など少なくとも10以上の企業や団体。賃金の一部は受け入れ先が負担する。旅客需要の減少で稼働する人員も減っており人件費を抑える。活躍の場を与える目的もある。

グループ外で働いているのは客室乗務員や空港の地上支援業務といった現場のある職員が中心だ。期間は数日単位から2年の長期にわたるものもある。コールセンター業務や貨物の取り扱い、事務作業などを担う。航空需要が戻れば職場に復帰する。

JALは4月以降、厚生労働省の助成金関連業務や農家の収穫などを有償で請け負っており、医療・介護の分野に限って兼業も認めてきた。一時帰休や早期退職の募集は行っておらず、企業への出向や派遣も雇用を維持する取り組みの一環だ。

航空業界ではANAホールディングスも高級スーパーの成城石井や家電量販店大手のノジマなどに、来春をメドに400人以上の社員をグループ外に出向させる方針を決めている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65633780Z21C20A0TJ1000/?n_cid=SNSTW005

関連記事

Twitterの反応

編集部のコメント

Hidesuke
Hidesuke

まさに半沢直樹的な展開ですが、従来の日本型雇用メンバーシップ型の雇用であれば、意味合い的には就職ではなく「就社」ですからこのような措置はアリです。

ただ、これが限定化雇用やジョブ型雇用になってくると、話はまるで変ってきます。
例えば10月8日に書いたみずほ銀行の記事のように限定化やジョブ化が進むとこのようなことはできなくなってきます。
週休3日だから(^o^)ワーイといって安易に飛びつくと、後から憂き目を見ることになりかねません。

かといって、昨日10月29日の記事でも書いたように、企業がピンチなのに雇用は安泰なんてことはありえません。

日本人の多くは寄らば大樹の陰が大好きで、みんなと同じというのが安心なのはわかります。
ですが、会社におんぶにだっこのままでは共に沈没するか切り離されるか、どちらかを選べと言われたときに、人生は詰んでしまいます。

自分のキャリアや生き方にもマーケティングが必要

Hidesuke
Hidesuke

こういうピンチの時こそ、自分の生き方を考え直してみるには
いい機会だと私は考えています。

雇用に安定感をもとめてヤキモキするより、自分で人生を切り開く。
こういう考えと併用するのもアリだと思いますよ。

Twitterでは生き方とマーケティングの関係や自分らしく生きる方法呟いています。
もしよかったらフォローしてくださいね♪

アンケート

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)

 

タイトルとURLをコピーしました