スポンサーリンク
Twitterまとめ

中西圭三さんの兄、わずか1日で重症化。酸素飽和度低下で爪と指が真っ黒に!ワクチン感染拡大防止困難

Twitterまとめ
スポンサーリンク

検索キーワード探すなら

※もしよければ最下部のアンケートにご協力をお願い致します。

スポンサーリンク



わずか1日で中等症から重症に…“死の淵”から生還したコロナ患者の訴え「自宅待機では“重症化”見分けられない」

 シンガーソングライター・中西圭三さんの兄で、予備校講師の中西光雄さん(61歳)がSNSに壮絶な闘病生活を投稿し、注目が集まっている。

「ドクターからいつ死んでもおかしくないと告知されていたそうです。今回の臨死体験の中でみなさまの祈りが届くという経験を確かにしました。完治しましたらこのご恩は必ずお返ししてゆくつもりでおります」(中西光雄さんのFacebookより)

 ニュース番組『ABEMAヒルズ』のインタビューに応えてくれた中西さんは、現在も入院生活を送っている。新型コロナに感染し、自宅療養をしていた中西さん。症状が急変したのは、発症から3日後だった。

7月1日、急に酸素飽和度が80以下くらいになったんです(※通常は97~99%)。80台になってくると、爪と指が真っ黒になりますし、息はそんなに苦しくなかったのですが、やはり異様な感じですね。もっと悪くなれば当然意識も失うような、そういう状態でした」(中西光雄さん・以下同)

 異常を感じた中西さんは保健所に連絡。その日のうちに、入院した。

「すぐにステロイドの療法が始まりました。『もしかすると重症化するかもしれない。一番悪い状況だとECMO(体外式膜型人工肺)を使わなきゃいけない』と言われて、転院する可能性があると聞かされました。それで2日くらいで転院することになったんです。よくならなかったんだと思います」

 入院から2日後、症状が悪化した中西さんは、重症患者が装着するECMOがある病院に転院。この頃から意識が薄れ、中西さんによると当時の記憶は「ほとんどない」という。ECMOを装着され、治療を受けていた状況について、中西さんは息子さんからこう聞いたという。

「半々(の確率で)で死ぬんじゃないかと言われていたみたいです。相当な覚悟をしたようですね。気丈に振る舞っていてくれたのだと思います。ECMOは、血を抜いて外に出して、もう一回(身体に)戻すものですから、感染症や血栓の危険もあります。だから、なかなかドクターたちも決断がつかない。様子を見ていたけれど、私が全然よくならないので、最終的にECMOの使用を決断して、装着してくださった」

 その後、中西さんは、日本で4台しかないというECMOが搭載された救急車に乗せられ救命救急センターへと運ばれた。そして、医師たちによる懸命の治療によりECMOの装着から3日後、中西さんは意識を取り戻した。

「気づいた時には日付はわかりませんでした。そんな経験は初めてでしたので、そりゃびっくりしましたよ。意識がなかったですし、自分が死にそうだと思っていないですから。でも、意識が戻ったときは本当にうれしかったです。生きて帰れてよかったなと思いました。(家族から)ドクターとやり取りしたメールを見せてもらいましたが『ECMOも3週間使ってダメだったらあきらめてください』と書いてあって、生還できたことが奇跡だと思います」

 突然の入院から1カ月、現在、中西さんは自発呼吸ができるまで回復。元の病院へ戻り、リハビリ生活を送っている。まさに“死の淵”から生還した中西さんだが、改めて新型コロナの恐ろしさを実感していると話す。

「ワクチン接種は(感染までに)間に合わなかったんです。ウイルスにとっては一番狙いやすい年齢層、それからBMIも高かったものですから、本当にウイルスが狙いやすかったのでしょう」

 どれくらいの期間で中等症から重症化したのだろうか。

一日だと思います。重症化するときには、両方の肺が真っ白になります。レントゲンで見せていただきましたが、本当にあっという間です。あっという間に人が亡くなってしまう。新型コロナはそういう病気です。そういう意味では本当に怖い病気なんです」

 そんな中西さんは、自身の経験を振り返る中で、現在の新型コロナの感染状況に危機感を抱いているという。

「私は病状が悪くなる前にいろいろ(治療の)手を打っていただいたので、かろうじて生きています。感染者が急増した今の状況で、自宅待機が増えてしまうと、私が受けたような治療やケアはなかなか受けられないだろうと思います。必ず重症化する人がいますので、そういう人を見分けるにはお医者様の経験や科学的データが必要です。しかし、自宅待機していたら、それがわからないような気がします」

 最後に、中西さんは治療にあたってくれた医療従事者への感謝とともに「戦う相手(ウイルス)が強くなっている」と訴える。

「今のデルタ株は感染力が強いです。若い人も病状が出る厳しいウイルスです。かからないようにできるなら、それが一番です。私も仕事柄、去年の3月から公共交通機関を使っていませんでした。ずっと自家用車で動いて、すごく気を使っていたのに、感染してしまった。戦う相手(ウイルス)が強くなっているので、やはり慎重に日々の生活を送ることが大事です。そうしないと、自分も周りの人の命も守れません。これが伝わってほしいと心から思っています」 (『ABEMAヒルズ』より)

https://times.abema.tv/news-article/8669279

動画はコチラから。

ABEMA | テレビ&ビデオエンターテインメント
【24時間無料!】好きな時間に好きな場所で話題の作品を楽しめる新しい未来のテレビ。ニュースや恋愛番組、アニメ、スポーツなど、多彩な番組をお楽しみいただけます。©AbemaTV, Inc.

実弟、中西圭三さんのコメント

Twitterの反応

首都圏をはじめとする感染拡大地域では、原則自宅療養に(政府発表)

自宅療養の方針 菅首相“全国一律ではない” 撤回しない考え | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルスの感染者は、重症患者などを除き、自宅療養を基本とするとした方針について、菅総理大臣は、全国一律の措置で…

菅首相 自宅療養の方針 撤回しない考え “全国一律ではない”

新型コロナウイルスの感染者は、重症患者などを除き、自宅療養を基本とするとした方針について、菅総理大臣は、全国一律の措置ではなく、東京など爆発的な感染拡大が生じている地域で必要な医療を受けられるようにするためのものだとして、方針は撤回せず、丁寧に説明し、理解を得ていきたいという考えを示しました。

新型コロナウイルスの医療提供体制をめぐり、政府は、入院は重症患者や重症化リスクの高い人に重点化する一方、それ以外の人は自宅療養を基本とし、健康観察を強化するなどとした方針を決めました。

これについて菅総理大臣は4日夜、記者団に対し「現在の『デルタ株』による急速な感染拡大の中で、国民の皆さんの命と健康を守り必要な医療を受けられるようにするために方針を決定した。東京や首都圏など爆発的な感染拡大が生じている地域が対象であり、全国一律ではない」と説明しました。

そのうえで「中等症でも酸素の投与が必要な方や、投与が必要でなくても重症化リスクがある方は、もちろん入院をしていただく。入院は医師の判断によって行い、自宅の患者についても、電話などでこまめに連絡をとれる体制を作り、症状が悪化したらすぐ入院できるようにする」と強調しました。

一方、記者団が「自民党内からも撤回を求める声があがっているが」と質問したのに対し、菅総理大臣は「撤回ということではなく、しっかり説明するようにということだ」と述べ、方針は撤回せず、丁寧に説明し、理解を得ていきたいという考えを示しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210804/k10013181651000.html

ワクチンではもはや感染予防できない 米CDC所長

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)のロシェル・ワレンスキー所長は5日、新型コロナウイルスのワクチンについて、接種を完了した人でもウイルスを人に感染させることがあるとの見解を示した。

ワレンスキー所長は「我々のワクチンは素晴らしくうまくいっている」と強調した上で、世界で猛威を振るっているデルタ変異ウイルスに対するワクチン効果については「引き続きデルタによく効いている。重症化や死亡に関しては防止できる。だが、もはや感染を防ぐことはできなくなった」と指摘した。

ワレンスキー所長によると、CDCが先週、マスク着用に関するガイドラインを変更し、接種を済ませた人に対しても再び屋内でのマスク着用を義務付けたのは、それが理由だった。

CDCが先週発表した研究結果によれば、デルタ変異株はいったん感染すれば、ワクチンを接種した人でも未接種の人でも同量のウイルスを発生させることが判明。ワクチン接種後にブレークスルー感染した人は、未接種の人と同じように、ウイルスを拡散させる可能性があることが分かった。

ワレンスキー所長は「もしも家にワクチンを接種していない人や、接種できない人、免疫抑制状態にある人、やや弱っている人、危険が高い併存疾患を持つ人がいる場合、屋内の公共の場でマスクを着用してほしい」と呼びかけている。

米国ではデルタ株が原因で新型コロナウイルスの症例数が急増しており、ワクチンを接種してマスクを着用する国民が増えなければ、この冬のように1日の症例数が数十万に達する事態になりかねないとワレンスキー所長は危惧する。

ワレンスキー所長は、フロリダやルイジアナなど南部の州では症例数が飛躍的に増えているが、まだピークには達していないとの見方を示した。

ワクチンを接種する人が増えれば、今回の急増を抑える助けになるだけでなく、いずれもっと危険な変異株が台頭する事態を防ぐ助けにもなると専門家は話している。

トランプ前政権で新型コロナ検査を主導したブレット・ギロイル氏はCNNに「次の変異株はすぐそこまで来ている。もし誰もがワクチンを接種しない場合は」と危機感を示し、「このウイルスに打ち勝つためには、全員の免疫レベルを上げなければならない」と力説した。

CDCの統計によると、米国民の約58.2%は少なくとも1回のワクチン接種を済ませ、約49.9%は完全接種を済ませている。

5日にはホワイトハウス高官が、接種回数の1日あたりの報告数が過去1カ月あまりで最も多かったとツイートした。それによると、この前日は、1回目の接種を受けた約58万5000人を含め、86万4000回を超す接種が報告されたという。

CDC元所長のトム・フリーデン氏は4日、今後数週間のうちにワクチン接種率が低い地域だけでなく、米全土で症例数が急増するだろうと語った。ただ、ワクチン接種率が高い地域ではそれほど爆発的な感染の拡大は起きないと予想している。

症例数の増加に伴い、入院者数や死者数も増える見通しだ。CDCは4日の時点で、8月28日までに計62万4000~64万2000人の死亡が報告されると予想している。

https://www.cnn.co.jp/usa/35174910.html

ワクチンではコロナの免罪符にはならなくなってきた。

ひですけ
ひですけ

CDCのワレンスキー所長が言うように、
ワクチンで重症化や死亡は防げても、
1/3は再感染もするし、感染拡大させること
に対しては効果は薄いという結論。

つまり、自分はワクチン接種をしていても
全体のワクチン接種率が進まない限り、
感染は拡大するので、自由に動き回って
いいという話ではなくなってきていると
いうことです。

【朗報】興和、新型コロナウイルス感染症患者を対象としたイベルメクチンの臨床試験を開始

興和、新型コロナウイルス感染症患者を対象としたイベルメクチンの臨床試験【開発コード:K-237】を開始
 興和株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長 三輪 芳弘、以下「興和」)は新型コロナウイルス感染症患者を対象に、イベルメクチンを投与する臨床試験(開発コード:K-237)を開始いたしますのでお知らせいたします。プレスリリースはこちら

興和株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長 三輪 芳弘、以下「興和」)は新型コロナウイルス感染症患者を対象に、イベルメクチンを投与する臨床試験(開発コード:K-237)を開始いたしますのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/release/21/07/02/11054/
ひですけ
ひですけ

SNSを中心に期待されているイベルメクチン。
インドの地獄を救った薬としてネットを中心に騒がれています。
自宅療養者向け期待が高まっていますが、
すでに臨床検査が開始されているようですね。

この薬自体はずっと前からあるもので、特許が既に切れていて
製薬会社の利益にならない等、嫌な話も聞こえてきますが、
これが効果あるようならまた大きな転換期となると思います。

アンケート

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

良かったら、友達にも共有して頂けると嬉しいです。

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

Amazon今人気の商品

おススメ記事(外部リンク)

タイトルとURLをコピーしました