スポンサーリンク
2chNEWS

【コロナ後遺症】発症から4週間経過した軽症患者40.7%は味覚嗅覚障害残り、10.6%改善なしか悪化。

2chNEWS
スポンサーリンク

なぜか日本で報じられない「コロナ後遺症」、世界で次々と明らかに…!

以下抜粋引用

・米国の医学誌『JAMA』に掲載されたイタリア・パドヴァ大学などの研究では、発症から4週間経過した軽症患者113人のうち、46人(40.7%)は味覚または嗅覚障害が完全には良くならず、12人(10.6%)は症状が変化しないまたは悪化していた。

・英国マンチェスター大学が7月31日、新型コロナに感染し退院から8週間が経過した121人を対象に調査したところ、8人が聴力の悪化、8人が耳鳴りの症状など、合わせて16人が聴覚の異常を報告。

・「キドニー・インターナショナル」誌の調査では、ニューヨークの医療法人の新型コロナ患者3分の1以上で急性腎障害が見られ、15%近くで人工透析が必要になった。

・イタリアのジョバンニ23世病院では600人近い新型コロナ患者の予後に、肺機能の障害が約30%、神経学的な問題が10%、心臓の問題が10%、慢性的な運動能力障害が約9%に見られる。

・ドイツのフランクフルト大学病院の研究チームが新型コロナから回復した100人以上の人々の心臓の健康を調べ、そのうち50人が感染前に健康で、57人が心臓病のリスクが高いグループに属していた。

等々、取り上げれば枚挙に暇がない。

では、なぜ海外のこうした研究や調査結果が国内で取り上げられることが少ないのだろうか。

都内の総合病院の内科医は、「多くの病気には後遺症がある。例えばインフルエンザ・ウイルスでも呼吸器やあるいは内蔵疾患につながることもあり、新型コロナの様々な後遺症を取り上げることに、あまり意味はない。それよりも、新型コロナを予防すること、感染初期の段階で治療し、重症化させないことの方が重要」という。

確かに新型コロナによる様々な後遺症を取り上げて“騒ぐこと”は適切ではないかも知れない。それでも若年層に対しては、多くの後遺症があり、新型コロナに感染しないことの重要性、感染予防の重要さを知らせるためには、重要な情報だと思うのだが。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75063

過去の関連記事

Twitterの反応

世界と逆行する日本

先日も以下の記事で書いたのですが、
日本は油断しすぎなのか、
ウィルス舐めすぎじゃないかな?と
感じています。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62729960X10C20A8FFV000/

この日本テレワーク実施率の低さ。
いや、ホント、ヤバいでしょう。

数年間は元に戻してはダメな理由

WHOもいってますが、
少なからず収束までに2年はかかる
との見通しなのですから、
元に戻そうとしてどうするよ?と。

対ウィルスとの戦いは
ワクチンと特効薬できるまで
完全に戻してはいけないんです。

少なからずコロナとは
その間は共存しなければならないし、
経済も上手に回していかなければならない。

なので、当面は非対面、非接触を主体とした
ビジネスをしていかないとどうやっても
ビジネス的にはうまくいく理由がありません。

日本は致死率が低いから大丈夫だ!とか
いったところで、継承者の7割がなんらかの
後遺症で何カ月も働けないとなると
全然大丈夫ではありません。

それに今はグローバリゼーションしていますから、
完全国内向けビジネスだけではありません。

海外相手のビジネスでは相手がベコベコに
なっているのに、日本だけがビジネス環境が
回復するのは難しいと言わざる得ないでしょう。

採用難と賃金上昇の可能性が大

それにそのうちに従業員も採用できなくなりますよ?

上の表をみても日本のサラリーマンの意識は
80%がテレワークがニュースタンダードになる
だろうと感じています。

内閣府の調査でも80%の人がテレワーク継続を
望んでいると考えているようです。

テレワーク率34.6%、継続希望は8割超、生産性効果は限定-内閣府
内閣府は21日、新型コロナウイルス感染症の環境下における生活意識と行動変化に関する調査結果を発表した。全国のテレワーク実施率は34.6%で、このうち継続希望は8割超に上った。テレワークによる労働生産性の改善効果は限定的だった一方、テレワーク経験者は、より生活を重視し、地方移住への関心が高まる傾向にあることが分かった。


つまり、テレワークしてる会社としてない会社
どちらに勤めたい?と聞かれると
前者を選ぶのは優に想像がつきますよね。

また、それにともない対面が絶対に不可欠な
医療や介護、小売りなどエッセンシャルワーカーと
呼ばれる人達は逆に賃金は上昇すると思います。

誰も好き好んで感染したい人なんかいません。

今時、ネットを叩けば、
こんな感じのサイトは簡単に出てきますから

経営者のみなさんはこれから厳しい選択を
迫られるようになるんじゃないでしょうかね。

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

先を見て仕事しましょ♪

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました