Twitterまとめ

【キャリア】自分の雇用が不安なら考えておくべきたった一つのコト

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク



新型コロナ感染拡大で“自分の雇用に不安” 半分近くが回答

新型コロナウイルスの感染拡大で厳しい経済状況が続く中、自分自身の雇用について不安を感じている人が半分近くに上るという調査がまとまりました。

この調査は、日本生産性本部が今月11日から13日にかけて自営業者などを除く20歳以上の働く人1100人を対象に実施しました。

この中で、感染拡大の影響で雇用に不安を感じているか尋ねたところ、「かなり不安を感じる」、「どちらかと言えば不安を感じる」と答えた人は合わせて47.7%となりました。

これを業種別で見ると、宿泊業が85.7%、飲食サービス業が75.6%などとなり、休業を余儀なくされた業種に雇用への不安が広がっていることがうかがえます。

また、テレワークをした人に感染拡大が収まったあともテレワークを行いたいか尋ねたところ、「そう思う」「どちらかと言えばそう思う」と答えた人は合わせて62.7%となりました。

これらの人たちに、テレワークの課題を複数回答で尋ねたところ、「職場に行かないと閲覧できない資料のネットでの共有化」が最も多く48.8%、「通信環境の整備」が45.1%などとなりました。

調査にあたった日本生産性本部は、「感染拡大の影響が長期化することも予想されるが、企業は従業員に不安を与えないよう、雇用の確保や働きやすい環境づくりに努めるべきだ」としています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200525/k10012443221000.html

Twitterの反応

編集部より

私は幸福度を上げていく働き方を提唱しています。

不安に思うというのは、今の状態であることが危険である。もしくは危険かもしれないという認識なので、正しい反応だと思っています。

今までは何となく働いて、何となく仕事して、それで暮らしていけたのが、コロナを機に自分の立ち位置が如何に危ういか?を思い知らされた状態です。

今のままではヤバいという意識が働いた証拠であるので、逆に不安に思うのは正解で、なんとも思わないのはヤバい人という認識で良いのだと思っています。

不安の元を解決するには自立すること

で、不安に思う理由は、生活基盤を会社に依存しているからに他なりません。
仮に副業でも50万円くらいの収入がある人はむしろ不安になんかは思いません。

今のままではヤバいと思うからこそ不安なのであって、それは言い換えたら対策をする動機になります。

これは今朝のツイートですが、このニュースとは別に書いたものですが、ちょうどいいので引用します。

私はコロナではなく数年前に原因不明の目眩会社を辞めた人間ですが、今ではそれは良かったと思っています。

理由は何か?自分でリスクヘッジができるからです。

サラリーマンという立場は「会社に生かされている状態」です。

自分の割り当てられた仕事をしていれば、毎月、自動でお金が振り込まれるこれが会社員のメリットです。

ですが言い換えれば「生殺与奪の権利は会社」にあり、基本的にその立ち位置を捨てなければそこから脱却することはできません。

不安に思うなら、違う世界を見てみて判断すればいい。

ブログやYouTubeを運営したことが有る人ならわかるかと思いますが、1円稼ぐのにこんなに大変なの?という思いをした経験がある人は多いと思います。

ですが、それを積み重ねることによってサラリーマンでは手に入れることができない経験やお金を得ることに成功した人もたくさんいます。

そんなの一握りだ!という方もいると思いますが、そこまで頑張って継続した人が一握りなだけで在り、やった人はほぼ例外なく稼いでいます。

このサイトも2月20日にスタートしてもう3ヶ月が経ちましたが、記事数で言えば120を超えています。

でも実際にやったことのある人は分かると思いますが、スマホゲームは200日ログインできたとしても、たかだか90日記事書くことを続けることさえ難しいのです。

そういう世界だと思います。

会社には個人を守る力がない

ちょうど先日この記事でも書いたのですが、コロナのような環境変化は全業種を同時に襲いますので、環境変化に弱い業種はひとたまりもありません。

特に今回不安に思っている人達は宿泊や飲食など、モロに影響を受けた業界です。
多くの会社は、会社そのものの存続の危機に陥っていますので、経営者からすれば、事業継続以前に自分が破産するかどうかの瀬戸際に追い込まれている経営者も多いです。

そんな中で従業員の雇用を守るとかそんな世界ではなくなってしまっているのです。

もちろん全部が全部とはいませんが、解雇はこれからもますます増えますし、どの業界が大丈夫とは必ずしも言い切れない。

安定を得たいなら武器と武器を掛け合わせよう

これからの世の中に最も求められる人間は、間違いなくWebやYouTubeなどを使える人間です。

理由は今まで対面ビジネスだったものを非接触のオンラインに切り替えていく必要が有るからです。

ですが、Web屋やYouTube動画を作る人間なんて今でもたくさんいます。

ただし、今まで飲食や宿泊業で働いた経験を持っているWeb屋は実はそんなにいません。

Webを作るにもシステムを作るにもその業種の仕事を理解している人にしかロジックは組み立てられません。

もしくは自分ではスキル的に組めなくても、Webの知識をもっていることでWeb屋との通訳を買って出ることはできるようになります。

企業で言えば社内SEという仕事になります。

むしろそういった人材は引っ張りダコでしょう。実力次第では飲食専門のコンサルタントになれる可能性もあります。

結局のところ、WebにしてもYouTubeにしてもITシステムにしても、仕事×何かが分かっていないと出鱈目なものになってしまう。

これはどの業界でも同じなのですが、知恵と知恵を掛け合わせると力になる。

A×B=イノベーション

ということです。

私は過去20年ほど転職エージェントをしていましたが、いつの時代も単一スキルではなく、複数以上の専門スキルを持つ人ほど未来を勝ち取る力があると感じています。

今は特に何のスキルもないけど、専門知識を得て、有利に戦ってみたいという人には、こういうサービスはおススメです。
無料カウンセリングもやってくれるので、試してみてはいかがでしょうか。

仕事は今のまま、何か違うことにトライしたいという人には下記の書籍がおススメです。

もし何かの参考になれば幸いです。

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)




コメント

タイトルとURLをコピーしました