スポンサーリンク
Twitterまとめ

パソナが淡路島へ本社機能移転。リモートワークによる脱東京が既に始っている

Twitterまとめ
スポンサーリンク

パソナ、本社機能を淡路島に 東京集中の弊害回避

パソナグループは9月から段階的に、東京にある本社の主要機能を兵庫県の淡路島に移す。主要幹部は淡路島に常駐し、経営企画や人事などの本部機能の約1200人が対象になる見通し。新型コロナウイルスの感染拡大を機に働き方やオフィス機能の見直しが広がっており、パソナはテレワークも活用しながら本社の地方移転を進める。

上場企業の5割が東京都に本社を置くなど東京への一極集中は、通勤混雑や地震など災害への備えの面からも課題になっている。パソナの東京都千代田区の本社では営業部門やグループ企業を含め約4600人が働く。

移転の対象は管理部門やIT(情報技術)システム部門などで、こうした部門の人員約1800人のうち3割程度は東京に残す。営業拠点は引き続き東京を含む全国に置く。2024年5月末をめどに段階的に進める。生活の拠点を移すかどうかは本人の意思を確認して進める。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63250080R30C20A8MM8000/?n_cid=SNSTW005

ツイッターの反応

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

ヒョーゴスラビア連邦って・・・・
コーヒー噴いたわw

淡路島、私も魚釣りに行ったりしますが、
めっちゃいいところですよw

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

昨日の記事でも書きましたが、東京オフィス需要が
急激に低下しつつあるようです。
テレワークでできる仕事になればなるほど、仕事の
場所を選ばなくなりますからね。
東京がステータスの時代はもう終わりつつあるの
かもしれません。

『脱東京』は既に始まっている

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

会社としてもコロナの感染リスク高い中、通勤交通費や
オフィスに無駄なコストかけるよりも、東京でなくても
よい仕事はテレワークをベースとして地方に分散化して
いくのが主流になってくるかもしれませんね。

他にもこんなニュースが。部分的に抜粋して引用します。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、本社などオフィスの「脱東京」を考える企業が増えている。その理由は何か。脱東京はどこまで進むのか。足元の動きを探った。【浜中慎哉】

本社を渋谷→栃木 固定費2~3割減

 インターネット広告代理会社「アド・プロモート」は今年5月、本社を東京都渋谷区の繁華街、道玄坂から栃木県小山市郊外の国道4号沿いに移転した。「テレワークがこれだけ普及した今、もう東京に本社を置く利点はない。これからは栃木を拠点にやっていく」。吉田英樹社長(50)は、こう話す。

 吉田社長は広告代理店で営業職をしていたが脱サラし、2005年に会社を設立。最初は生まれ育った小山市に本社を置きつつも、「ネット関連の仕事をするなら、東京に足場がないと相手にされない」と考え、東京都新宿区に支店を開いた。東京の仕事が増えたため、08年に本社も小山市からネット関連企業が集積する渋谷区のオフィスビルに移した。「念願の渋谷に出たことで、ようやく同業他社と対等に戦える土俵に立てた。これからが勝負だと思っていた」と振り返る。

 新型コロナの影響で状況は一変した。営業先や取引先も次々と在宅勤務を導入する中で、「高い賃料を払って渋谷に本社を置く意味はない」と考え方が変わった。もともと「即断即決」の性格でもあり、4月中旬には小山市への本社移転を発表した。約20人いた社員を完全テレワークにしたり、小山市の本社勤務などに異動させたりした結果、オフィスの賃料や社員の交通費などの固定費は、昨年の同時期と比べて2~3割も減らすことができた。

 小山市への移転後、都内の取引先とはリモートでやり取りしており、大きな支障はないという。栃木県内の企業は地元密着で、ネット広告の効果に懐疑的なところが多かった。しかし、新型コロナ感染拡大を機にネット広告に力を入れ始めた企業が増えているといい、「新たな受注が期待できる。私にとって新型コロナでの変化は好機でしかない」と意欲を見せている。

テレワークしたいツイートも

リモートワークのニーズはあるのに会社側が対応できない日本社会

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

日本人のリモートワークのニーズは80%と高いのに対し、
企業側の実施率30%です。
裏を返せばテレワークしたい人材はたくさん
いるのに企業側が対応できていない構図です。
そんな中で新たにオンラインアシスタントのサービス
も出てきています。

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

こういうニーズがマッチしてくると
日本の生産性も少しはマシになるのでは
ないでしょうか?

もし良かったらTwitterのフォロー
ブログランキングの応援頂けると幸いです。

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました