「もう買いたいモノがない?」日本人の消費のリアル Twitterの声まとめ

当初からバラマキじゃないのかとか、現金か、いやクーポンのほうが確実に消費されるはずだとか、年収制限はどうするんだとか、当事者も外野も持論を繰り広げたのはご存じのとおり。中でも、「現金5万円+クーポン5万円セット」と、「全額現金」のどちらが消費促進効果が高いのかについては、いろんな方がいろんなことを述べている。

■買いたいモノがない?   しかし、キモはそのことではない。そもそも、お金をもらっても消費しないで貯蓄する人が多いのだ。給付金だけでなく、ボーナスの主な使い先は貯蓄だし、前回の特別定額給付金もそれに多く回ったと言われている。現金ではダメでクーポンならいいという話ではなく、われわれに「お金を出して買いたいモノ」がないのが、根本の問題でないのか。消費したくなる「モノ」「感情」をかきたてないと、いくらお金をバラまいても無意味ではないかと考えるわけだ。いったい、われわれは何が欲しいのだろうか?

https://news.yahoo.co.jp/articles/3543bc480cb69f8b53b82a125ebb3b5e36ceb244?fbclid=IwAR1pME1VM_HbVeByGwRSVkxlFR5iMpbGVRtSAtiuTD6Vw_ZY8AmJbV-MREo

貧すれば鈍するとは、金銭以上に心の問題

日本人の場合、物質的な豊かさよりも精神的な豊かさのほうが足りていないように思います。

食べ物があって、PCとスマホがあれば日常生活は事足りてしまう人も多いのでは?

今、ないことよりも失うことにおそれていませんか?

老後の為にと今の生活を切り捨て小銭をためて、どうなるかなんかわからない未来に怯え暮らすのが、今の日本人かなと思います。

お金の有無よりも心が貧しくなっているように思えてなりません。

どうせなら、ただ貯めるよりも未来につながる買い物を。

そうやって未来を紡いでいくほうが心は豊かに暮らせます。

心を豊かに保つには自己肯定感を忘れずに。

【広告】面接時に着用するだけで真実が伝えれれるTシャツ

広告
■その人生の悩み、人生相談のプロに相談してみない?