Twitterまとめ

トランプ大統領夫妻が新型コロナに感染。軽いコロナの症状がみられるとのこと。株価やドルは暴落。

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

トランプ氏がコロナ感染、夫人も 大統領選最終盤で打撃

【ワシントン共同】米ホワイトハウスは2日未明、トランプ大統領(74)とメラニア夫人(50)がコロナ検査で陽性だったと発表した。専属医は「現時点で(状態は)良好で、夫妻はホワイトハウス内の居住区にとどまる予定」と説明したが、高齢のトランプ氏は重症化も懸念される。大統領選が約1カ月後に迫る中、得意の大規模集会開催が当面難しくなり、再選戦略は大きな打撃を受けた。

【写真】感染したヒックス大統領顧問

 今月下旬にかけ民主党のバイデン前副大統領との候補者討論会が残り2回予定されているが、実現できるかどうか不透明になった。
 疾病対策センター(CDC)は陽性と判定された人に自宅隔離を要請している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0fbd71edbd91e81c043b4bbd8375083fc3c2491d

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は2日、ツイッターで新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。大統領の主治医は1日付のメモで、同日夜に感染を確認したと説明した。新型コロナへの危機管理の不備が露呈し、11月3日に迫った大統領選に向けた選挙活動にも影響が及ぶのは確実だ。

トランプ氏はメラニア大統領夫人も感染したとツイッター上で説明し、「ともにこれを乗り越える!」と書き込んだ。主治医のメモは「大統領夫妻はこの時点では元気で、回復に向かう間はホワイトハウスの邸宅にとどまる計画だ」と指摘。そのうえで「引き続き、職務にあたることができると判断している」として、職務に支障はないとの見方を示した。

トランプ氏らの感染の経路は明らかになっていない。1日にはトランプ氏の側近であるホープ・ヒックス氏の感染が判明。トランプ氏も検査を受け、自主的な隔離をとっていた。米政権の中枢であるホワイトハウスで感染が広がっている可能性がある。

政府高官の多くが、自主隔離を迫られることも想定される。米疾病対策センター(CDC)の指針では、感染者と接触した場合には原則2週間の自主隔離を求めているからだ。ヒックス氏はトランプ氏の長女であるイバンカ大統領補佐官や夫のクシュナー大統領上級顧問に近い。

ホワイトハウスは2日、トランプ氏の感染を受け、同日に予定していた首都ワシントンでの支持者との会合や南部フロリダ州での集会をキャンセルした。

トランプ氏は公の場でほとんどマスクをしてこなかった。コロナ禍の中でも大統領選に向けて対面での集会を相次いで開き、民主党候補のバイデン前副大統領を追撃する方針だった。大統領選の投開票日が1カ月後に迫るなか、自主隔離で選挙活動の中断を迫られることは、再選に向けて大きな痛手となりかねない。

トランプ氏は1日のFOXニュースのインタビューで、ヒックス氏の感染に関して「我々が素晴らしい仕事をしているから軍人や警官は私たちに抱きついたり、キスをしたりしたいと思っている。近づくからこういうことが起きる」と説明した。新型コロナへの危機感は相変わらず乏しく、ワクチンが近く、開発されるとの楽観的な見通しも改めて示していた。

ホワイトハウスではこれまで、オブライエン大統領補佐官(国家安全保障担当)やペンス副大統領の報道官を務めるケーティー・ミラー氏が新型コロナに感染したことが判明している。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64521150S0A001C2FF8000/?n_cid=SNSTW001
管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

今夜、@FLOTUS(メラニア夫人)と私はCOVID -19の陽性反応を示しました。
我々は隔離と回復のプロセスを 直ちに開始します。
私たちはこれを乗り越える!

Twitterの反応

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

大統領主治医のショーン・コンリー氏によると、二人とも、容体は安定している。

コンリー氏は10月1日付の声明で「現時点で、大統領とファーストレディーの体調は安定しています。回復の間、彼らはホワイトハウス内の住居にとどまる予定です」と発表した。

待機期間中は、コンリー氏とホワイトハウスの医療スタッフが、大統領とファーストレディーの体調を随時確認するという。

さらにコンリー氏は、「回復期間中、大統領は継続して公務を行う予定であり、今後の状況を随時報告する」と説明した。

アメリカ疾病管理予防センター(CDC)は、高齢者BMI(肥満指数)が30を超える人は、新型コロナウイルスの重症化するリスクがあると警告している。

トランプ大統領は74歳。6月の健康診断でBMIが30.5で肥満気味と診断されているため、重症化のリスクがある。

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

現在、トランプ大統領は軽い症状が出ているようです。
大統領選挙もさることながら、経済にも深刻な影響がありますので
このニュースについては、しばらく注目が必要になりそうです。
続報があればまた、まとめ書きたいと思います。

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)

コメント

タイトルとURLをコピーしました