スポンサーリンク
Twitterまとめ

【幸福度】大人だけでなく子供も精神的幸福度がワースト2位。この国の幸福度が上がらないのはコレが原因

Twitterまとめ
スポンサーリンク

日本の子ども、健康なのに「精神的な幸福度」はワースト2位。高い自殺率の問題、改めて浮き彫りに

先進・新興国に住む子どもの幸福度を調査したユニセフ(国連児童基金)の最新報告書が、話題になっている。日本の子どもは、肥満の割合など「身体的な健康」では1位だったが、自殺率などから算出した「精神的な幸福」ではワースト2位だった。

どんな結果だったのか

ユニセフが9月3日に公表した最新報告書では、「精神的幸福」、「身体的健康」、学問や社会的な「スキル」の3つの分類で幸福度を算出。

結果、日本の子どもの幸福度は38カ国中、20位だった。

ランキング上位、下位の国は以下の通りだ。

1位 オランダ
2位 デンマーク
3位 ノルウェー
4位 スイス
5位 フィンランド


20位 日本


34位 マルタ
35位 ニュージーランド
36位 アメリカ合衆国
37位 ブルガリア
38位 チリ

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f5056e6c5b62b3add3bbdac?ncid=tweetlnkjphpmg00000001
子どもの幸福度ランキング
子どもの幸福度ランキング

日本の子供は「健康」、でも「精神的な幸福度」は低い

日本の順位で特徴的なのは、子どもの肥満や過体重の割合、死亡率から算出する「身体的健康」では1位だったにも関わらず、15歳〜19歳の自殺率や生活の満足度からランク付けした「精神的幸福度」は最低レベルの37位だった、という点だ。

「スキル」では、日本のランクは27位。読解力と数学の基礎的学力では上位に入ったが、「新しい友達を作る」などの社会的なスキルの調査ではワースト2位だった。

若者の自殺問題 浮き彫りに

日本の若年層の自殺率の高さは、深刻な問題となっている。

厚生労働省の「自殺対策白書」(2019年度)によると、10~39歳の各年代の死因の第1位は自殺だ。

15〜34歳の若い世代で死因の1位が自殺となっているのは、先進国では日本のみ。死亡率は他の国に比べても高い。 

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f5056e6c5b62b3add3bbdac?ncid=tweetlnkjphpmg00000001
自殺対策白書
自殺対策白書

人口10万人当たりの自殺者数を示す「自殺死亡率」は、全年代では減少傾向にあるが、10歳代の自殺死亡率はほぼ横ばいで推移している

10歳代の自殺における原因や動機では、「学校問題」が最も多い。また、家庭問題の比率は近年微増の傾向にあるという。

厚労省は、「特に19歳以下においては、男女とも、他の年代に比べ、飛び降りや飛び込みといった、突発的に行われ得る手段による自殺が多くなっている」とも指摘した。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f5056e6c5b62b3add3bbdac?ncid=tweetlnkjphpmg00000001
10代の自殺者における原因・動機別件数の推移
10代の自殺者における原因・動機別件数の推移

Twitterの反応

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

日本の子供の精神的幸福度が低いのは
語弊を恐れずいうのであれば、
それは親の責任です。

日本人が大人も子供も幸福度が低いのは何故か?

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

うちにも子供が二人いますが、
子どもって親が褒めて認めてこそ
自信を持っていくものだと私は考えています。

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

何の為に生きているのか?
何の為に働くのか?
本当はどういう生き方をしたいと思っているのか?
今の自分の仕事はその為の仕事になっているのか?
この視点はとても大切だと思っています。

人生の目的に立ち返ろう

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

ライフキャリアレインボーは人生の生き方マップ。
年代と共に様々な役割がありますが、
一番大切なのは赤いライン(人生を謳歌する)
つまり幸せに生きるということです。

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

上のツイートにも書きましたが、
生きる為にお金の為に働くと他の色は度外視して
緑一色になってしまう。子どもはどう思うでしょう?
そしてあなた自身もそんな人生嫌ではないですか?

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

欧米の人たちの多くは『Work for life.』
人生の為の仕事といいますが、日本人は
『Work is life.』仕事こそが人生だという人がとても多い。
そこの違いは大きいですよ。

人生の為の仕事をしよう

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

こう書くと、仕事を変えろってこと?って聞いてくる人が
うちの相談室にもよくいるのですが、
そうではなく、バランスを見直しましょうということです。

下記の記事にも実は同じこと書きましたが、
仕事人間ではもう世の中通用しませんよ。

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

日本人の幸福度が低いのは、私たち中高年の意識が
変わらないことが一番の要因です。
俺達はこうだったなんていうのはもう止めにしましょう。
もうかつての仕事だけしていれば老後も安泰だった
日本ではないのです。

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

自分らしく幸せに生きる未来の為に。
何をすればいいのか?考えてみてはいかがでしょう?

Twitterでは『自分らしく生きるをテーマ』に
生き方や働き方・心の在り方を発信しています。
無料相談なんかもやってますので、
よければTwitterのフォローブログランキングの応援頂けると幸いです。


お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました