Twitterまとめ

#香川県ネット・ゲーム依存症対策条例 は基本的人権を侵害 高松市の親子が提訴へ

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク



#香川県ネット・ゲーム依存症対策条例 RT5000回

「ゲーム条例は憲法違反」高校生と母親が香川県を提訴へ ゲーム利用は1日60分まで…人権侵害を主張
 4月、全国で初めて施行された香川県のネット・ゲーム依存症対策条例をめぐり新たな動きです。高松市の高校生と母親が「条例は憲法違反であり、基本的人権を侵害された」として県を相手取って国家賠償請求訴訟を起こす準備をしていることが分かりました。

原告は反対署名提出の高校生と母親
(訴訟の準備を進める 高松市の高校3年生/渉さん)
「現役高校生である僕が、香川県を相手取って裁判を起こすことで社会的インパクトっていうのが大きいと思ったんで誰かにやってもらうっていうよりかは自分でやるっていう思いが強かったです」
 訴訟の準備を進めているのは高松市の高校3年生、渉さん(17)です。未成年のため、親権者である母親(42)とともに原告になる予定です。
 渉さんは今年1月、ゲーム依存症対策条例案に反対する署名をインターネットで募り、595人分を県議会に提出しました。

ゲームは1日60分まで…全国初の条例成立
 条例の素案には「18歳未満のゲームの利用は平日60分、休日 90分を上限」とする「基準」が盛り込まれていましたが、県議会の条例検討委員会が「家庭でのルール作りの目安」と表現を改めました。
 そして今年3月、条例案を賛成多数で可決しました。条例に罰則はありません。

(訴訟の準備を進める 高松市の高校3年生/渉さん)
「科学的根拠が乏しい中での数値(時間の目安)が反映された条例が可決、成立して施行されたということには本当に憤りというか悲しかったですね」

「法律の範囲内での条例制定」憲法94条違反?
 訴訟の代理人は、「夫婦別姓訴訟」など憲法や人権に関わる裁判を多く手掛ける岡山市の作花知志弁護士が務める予定です。
 作花弁護士は、この条例について「地方公共団体は『法律』の範囲内で条例を制定できる」とした憲法94条に違反すると主張します。

政府は「科学的根拠は承知していない」
 条例制定前の今年2月、維新の会の音喜多駿参議院議員が質問主意書で、当時の条例案について政府の見解を質しました。
 これに対する答弁書の中で、政府は「ゲーム依存症の発症を防ぐためのゲーム時間の制限に係る有効性及び科学的根拠は承知していない」としています。
 つまり、国としてはゲーム依存症防止のために時間の制限をする「法律」を制定する予定はないと言えそうです。

(代理人を務める予定/作花知志 弁護士)
「国が『やる予定がない』と言ってるものを県議会が、『いや、それは根拠があるんだ』として果たして条例で規制できるのかというのは当然問題になりますよね」

子ども、保護者の基本的人権の侵害も…
 また、この条例は、18歳未満である渉さんと保護者の母親の双方にとって、憲法13条で保障されている自己決定権や幸福追求権、プライバシー権などを必要以上に制限していることも裁判の中で主張する方針です。

(代理人を務める予定/作花知志 弁護士)
「全国的にこれ(条例)が広まっていく可能性があって、でも立法が仮に基本的人権を侵害しているならば、それをそんなに広げていいのか」

クラウドファンディングで訴訟費用を募る
 渉さんは、県内外を問わず、裁判の趣旨に賛同する人たちに呼び掛け、クラウドファンディングで訴訟費用を募ります。費用が集まり次第、香川県を相手取って国家賠償請求訴訟を起こす予定です。

(訴訟の準備を進める 高松市の高校3年生/渉さん)
「(Q香川県民や同世代の人へー)自分の地域にこのような条例ができたからといってそれを全面的に受け入れるのではなくて自分たちの声も発信してもらいたいですし、応援してほしいと思っています」

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6359792

Twitterの反応

編集部より

この件は私も当初からおかしな条例を作ったものだな。香川県民よそれでいいのか?と思っていましたが、最初からゲームは悪だという決めつけは良くないと思います。
ゲームにしても、車にしても、PCも行政制度にしても使う側の心で全にも悪にでもなるんじゃないのかなと。
ネットを見るとどうしても悪い意見が先行しがちですが、それをきちんと判断する為に存在するのが議会じゃないのか?と感じます。

年寄りが思い込みで作った老害条例

 射幸性をいうのであれば、株やFX、仮想通貨も似たようなものです。依存性というのであれば、パチンコやギャンブル、酒やタバコも同じでしょう。
『ゲームは悪い』という結論があってそれに合わせたような条例を作るということは、例えるなら靴のサイズに合わせて足の指を切るような行為に等しいのではないかと考えます。

 ゲームは今や老若男女問わずコミュニケーションツールとなってきていますし、インターネットに関して言えば、すでに社会基盤ともいえるでしょう。
 それを制限するということは、コミュニケーションを阻害するということを意味します。そっちのほうがよほど子供にとって悪影響だと思います。

 子供たちはその時代その時代に合った育ち方をしていきます。言い換えればそれが適応能力です。
 無理に制限をかけるのではなく、うまく導いてやることが、前の世代の役目じゃないかと感じます。

「プリン師匠」から学ぶことは多い。

「スマブラが強いってことはヒーロー」不登校のT君と僕の友情
スマブラが強いってことは、それだけでヒーローなのだ。

有名なスマブラのプリン師匠の話を貼っておきます。
本分は長いので敢えてここでの引用は割愛しますが、端的にいえば、不登校だった少年T君がニンテンドーの大乱闘スマッシュブラザーズというゲームを通じて人気者になり、学校にも復帰できた話。

映画化待ったなしの心温まる感動秘話です。これ見たらゲームが悪だとは絶対に思えないと思いますよ。是非、上のリンクからご覧ください。

   

捏造パブコメ100~850件。もはや正常な思考とは呼べない。

賛成パブコメ、同じPCから多数投稿か 香川ゲーム条例:朝日新聞デジタル
 全国で初めて子どものゲーム利用時間を定めた香川県ネット・ゲーム依存症対策条例へのパブリックコメント(意見公募)で、寄せられた賛成意見の多くに特定の複数台のパソコンから大量に送信されたような痕跡を示す…

賛成パブコメ、同じPCから多数投稿か 香川ゲーム条例
全国で初めて子どものゲーム利用時間を定めた香川県ネット・ゲーム依存症対策条例へのパブリックコメント(意見公募)で、寄せられた賛成意見の多くに特定の複数台のパソコンから大量に送信されたような痕跡を示す情報が残されていたことがわかった。専門家は「明らかに不自然」と指摘している。
 条例は議員提案で3月に成立し、今月1日に施行された。パブコメは1月下旬から15日間実施され、朝日新聞が情報公開請求で得た文書を分析した。
 県議会はパブコメに際して、意見の送信先としてメールアドレスを指定し、問い合わせフォーム形式の県議会ホームページの「ご意見箱」は案内していなかった。だが、2269件の賛成意見のうち約1900件が、「ご意見箱」から送られていた。「反対」の401件はほぼ全て指定アドレス宛てだった。
 県議会事務局によると、ご意見箱では送信者のアドレスはわからない。ただ、「ユーザーエージェント(UA)」と呼ばれる情報が記される。サイバーセキュリティーに詳しい神戸大大学院の森井昌克教授によると、UAは、送信者が使ったOS(基本ソフト)やブラウザー(閲覧ソフト)の種類やバージョンがわかる情報で、開示された文書にも残っていた。
 ご意見箱の約1900件のUAを朝日新聞が集計した結果、1700件以上が4種類に集中。1種類あたり約100~850件で、あるUAでは、2月1日午後3時47分から約10時間で約440件が投稿されていた。
 森井教授によると、UAは、OSやブラウザーのバージョンや組み合わせや、パソコンかスマホかによって異なる。別の端末でもUAが同一になる可能性はあるが、森井教授は「1700件以上の投稿で、UAが4種類だけなのは明らかに不自然」と指摘する。賛成意見には、「ゲーム依存により、判断の乏しい大人を生み出さない為(ため)」といった同じ表現が同じUAで送られたものも多数あった。森井教授は「同じパソコンで投稿された可能性が非常に高い」と話す。
 県議会事務局は取材に対し、「同じUAでも、同一のパソコンを示すとは考えていない」としている。

https://www.asahi.com/articles/ASN4G6R3GN4GPTLC01X.html

「ゲーム依存により、判断の乏しい大人を生み出さない為(ため)」と850件も書いた人、執念というか、もはや狂気の沙汰に入っています。
ITリテラシー低さもさることながら調べりゃバレるに決まってます。
とても正常な思考回路とは呼べませんし、よほど判断力の乏しい大人かと・・・。

ハタラキテノコエはこの親子を応援します。

高松市の高校生と親御さん、是非、頑張ってほしいと思います。
クラウドファンディングを立ち上げているようですが、出来上がったら当サイトからも紹介と応援させて頂きたいと思います。

この国の未来のためにも、こんな下らない条例は潰しておくに限ります。

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)




コメント

タイトルとURLをコピーしました