Twitterまとめ

緊急事態宣言1カ月程度延長へ。Twitterの反応まとめとアフターコロナのこと

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク

緊急事態宣言延長へ 政府調整、全国対象に1カ月程度

政府は5月6日に期限を迎える新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を延長する方針を固めた。全国を対象にして1カ月程度延ばす案を軸に調整する。1日に開く専門家会議の意見や感染状況を見極めたうえで最終判断する。
安倍晋三首相は4月29日の参院予算委員会で緊急事態宣言を巡り「5月6日にこれで終わったかどうかについては依然厳しい状況が続いている」との認識を示した。

政府は1日の専門家会議で(1)感染の広がり(2)人出の減少(3)医療提供体制――などの要素を分析する。東京都などで新規感染者数が十分に下がらない傾向が続いている。政府高官は「20~30人くらいで安定しなければ解除は難しい」として延長は避けられないとの認識を示した。

延長幅は5月末とする案や5月7日から1カ月となる6月7日とする案などを検討する。収束しない場合は再度延長できる。対象地域は全国とする方向で調整する。首都圏など13の「特定警戒都道府県」に限定した場合、他の解除した地域に人が集まり、感染が拡大しかねないと懸念した。

首相は予算委で「直前であれば大変な混乱があるかもしれない」と述べ、前もって方向性を示す考えを示した。1日の専門家会議後に延長の方針を示し、5月4日にも詳細な案を正式に決定する。

改正特別措置法に基づき、首相が専門家で構成する「基本的対処方針等諮問委員会」に延長を諮問する。同委員会が延長を妥当だと判断すれば、国会に内容を報告する段取りとなる。

延長の際、特に警戒が必要な「特定警戒都道府県」の枠組みは残す。岩手県は感染者が確認されておらず、重点地域とその他の地域で休業要請などの対応を分ける。

現在、特定警戒都道府県は首都圏や愛知、福岡などの13都道府県を指定している。感染状況や都道府県の求めに応じ、残りの県との入れ替えを検討する。

政府は4月7日、東京都や大阪府など7都府県を対象に緊急事態宣言を発令した。16日に対象区域を全国に拡大し、大型連休中の外出自粛を呼びかけた。

緊急事態宣言は、外出自粛を全都道府県知事が法的根拠に基づき要請できる。特定警戒都道府県は休業要請などに関してより強い要請が可能になる。休業を要請しても応じない店舗には店名の公表もできる。

鉄道やバスなど公共交通機関は運行する。食料品や医薬品など生活必需品を扱うスーパーマーケットやドラッグストアも営業する。通院や食料・医薬品・生活必需品の買い出し、散歩など「生活の維持に必要」と判断できる場合は外出自粛の対象外になる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58626910Z20C20A4MM8000/?n_cid=SNSTW005

Twitterの反応

編集部より

確かに経済的な問題もあるのですが、コロナ禍は自然災害みたいなものです。
町が大洪水に飲まれている代わりにウィルスで溢れている。そんな状態です。
我が家もかなり厳しいというか死にかけですが、こうなった以上、腹を括るしかないと個人的には感じています。

過去の記事でも書きましたが、感染が終息しないうちに緊急事態宣言をとけば、たちまち1人の感染者が30日で406人の人にうつして回る。×町に放たれた感染者数です。
そうなればまた、あっという間に数万人に拡がります。
これがコロナウィルスの恐ろしさです。

拡がる企業の自粛とリモートワーク。今、経営者に求められる視点とは?
...

どうせここまで頑張ったのなら、中途半端なことをせずに徹底的にやったらいいんじゃないかな?と個人的には思います。

ただし、その分、政府はコロナ明けの話ではなく、延長する直近ひと月以内の追加支援について議論を進めてほしいと思います。それが延長を決めた責任だと思います。

米国では2022年までこの状況が続くと予想しています。
確かに米国と感染者数や死亡者の数は比べ物になりませんが、最悪を想定して、そうならないように動く必要はあると感じています。

コロナ禍によるメリットもあるのは事実。

ただ、こういうことを言うと語弊があるかもしれませんし、決して良かったなどと思っているわけではありませんが、私は長い人生の中で、こういう年があってもいいじゃないか?とも思っています。
今までの人生を振り返り、これからの人生を考えるいい機会じゃないかとすら思っています。

それにみなさん知っていますか?
このコロナ禍の影響で世界中で空気がキレイになっているのを。

https://www.businessinsider.jp/post-210910

今の状態が続けば、地球温暖化問題も何もせず解決してしまうかもしれません。

また、リモートワークが定着すれば、超過密な東京一極集中も解消するでしょうし、 地方再生にもつながるでしょう。
満員電車に乗って通勤するよりも、のんびりと寝て、家族と過ごす形を作っていく方が、人生全体の幸福度は高くなると思います。

コロナ禍は今までの社会を見直すチャンスでもある

日本は戦後以来、高度経済成長期を経て長らく経済信奉を続けてきましたが、その反面、超過密な社会構造や、相互監視によるストレス社会、それにより思考停止して考えられない人たち、時代の変化についてこれない社内にいる働かないおじさんを大量に作り出してきた面もあります。

ツイートの中にも書きましたが、無責任に他人の命を危険に晒すより、人の命を守る社会の方が、働く人の幸福度も高くなるのではないでしょうか?

働くために生きるのではなく、働くことは幸福な人生を送るためのひとつの手段でなければならないはずです。

もし、コロナ禍により、自然にも優しく、一人一人が幸福に暮らせるのであれば、それもまた悪くないのではないかなとも思います。

みなさんはどう思われますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました