【くら寿司】焼身自殺した店長の家族を恫喝していたことが発覚。Twitterの意見まとめ。

「くら寿司は遺族を恫喝した」焼身自殺した店長の姉が告発

関連記事

「弟が自殺してただでさえ辛いのに、彼らは私たち遺族を恫喝してきた。本当に許せません。すべてをお話しすることに決めました」
 声を震わせてこう語るのは、4月1日に店の駐車場で焼身自殺を遂げた寿司チェーン「無添くら寿司」店長の実姉だ。

 山梨県甲府市にある「無添くら寿司」で店長を務めていた中村良介さん(仮名・享年39)が亡くなったのは4月1日のこと。

「午前4時20分頃、店舗の駐車場に停められた車が内部から炎上。性別不明の遺体が発見されましたが、その後中村さんと判明。現場の状況から自殺と見られています」(社会部記者)

 小誌は先週号で中村さんの死の背景に上司のスーパーバイザー(SV)・X氏のパワハラがあったことを報道。罵声と叱責に中村さんは追い詰められていた。

「Xは出勤しなくなりました。代わりにSⅤより立場が上のエリアマネージャーや取締役が出入りしています。この一件で従業員が次々と退職。人手不足ですが、店は通常通り営業しています」(現役従業員)

 くら寿司は、東証プライムに上場する業界最大手の寿司チェーンだ。

「本社は大阪府堺市。創業者の田中邦彦氏が社長を務める典型的な同族経営企業です。コロナ禍でも業績は絶好調。2021年10月期(連結)の売上高は1476億円と過去最高を更新した」(経済誌記者)

 そんな中、現役店長が焼身自殺するという衝撃的な事件が起きた。くら寿司本社は先週号で中村さんの死の理由について〈個人的な事情によるものであることが推定されております〉と業務との関連を否定した。

 だが中村さんの姉はくら寿司の主張に首を傾げる。

「弟の部屋に遺されていたパソコンを持ち帰ったのです。開くと、ツイッターに自動ログインできた。非公開の鍵アカウントに、弟が仕事に苦しんでいる様子が綴られていたのです」

続きをリンクより購読する

Twitterの感想「くら寿司は未来永劫食べません」

ブラック企業に関わる人は客であっても不幸になる。

昨日の知床遊覧船もそうですけど、ブラック企業に関わることは従業員だけではなく、

客であっても不幸になる。

私個人的な感想を言えば、くらに関わらずブラック企業は社会にとって害悪なので、早くなくなればいいと思います。

血塗られた手で握られた寿司なんて、食いたいとは思えません。

それを許してる国の体制がそもそも良くないんだと思います。

言いたいことは山ほどありますけど、

とりとめがなくなるので今日はこのへんで。

広告
■その人生の悩み、人生相談のプロに相談してみない?