2chNEWS Twitterまとめ

黒川検事長辞任!安倍首相桜公職選挙法違反で告発される。

スポンサーリンク
2chNEWS

スポンサーリンク

スポンサーリンク



黒川検事長 賭け麻雀を認め辞意

東京高等検察庁の黒川弘務検事長が緊急事態宣言のさなかの今月、新聞記者の自宅を訪れ、賭けマージャンをした疑いがあると報じられた問題で、黒川検事長が辞任する意向を固め周囲に伝えていることが関係者への取材で分かりました。法務・検察当局は本人から事情を聴くなど事実関係の調査を進めることにしています。

東京高等検察庁の黒川弘務検事長が緊急事態宣言によって不要不急の外出自粛が要請されているさなかの今月1日と13日の夜、新聞記者の都内の自宅マンションを訪れ、賭けマージャンをしていた疑いがあると21日発売の「週刊文春」が報じています。

これを受けて黒川検事長が辞任する意向を固め周囲に伝えていることが関係者への取材で分かりました。検事長は21日にもコメントを出すものとみられます。

検察内部からは「検察庁法改正案の国会審議が行われていたさなかでもあり最悪のタイミングだ」などと辞任は避けられないという声が出ていて、法務・検察当局は今後、黒川検事長本人から事情を聴くなど事実関係の調査を進めることにしています。

黒川検事長をめぐっては政府がことし1月、「必要不可欠な存在だ」としてこれまでの法解釈を変更し史上初めて定年を延長しましたが、野党側からは「官邸に近い黒川氏を検事総長にするためではないか」などと批判が相次いでいて、今後、検事総長に就任するかどうかが注目されていました。

また法解釈変更の後、個別の検察幹部の定年延長を可能にする規定が検察庁法の改正案に追加されたことについても弁護士の団体などから「黒川氏の違法・不当な定年延長を後付けで正当化するものだ」と批判が出ていました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200521/k10012438581000.html

Twitterでは懲戒免職の声も

弁護士ら約660人が安倍首相らの告発状を提出

安倍晋三首相主催の「桜を見る会」前夜に開かれた夕食会で、参加した有権者に飲食代を提供するなどしたとして、全国の弁護士や学者ら約660人が21日、公選法違反(寄付行為)と政治資金規正法違反の罪で、首相と後援会幹部の計3人に対する告発状を東京地検に提出した。地検は受理するかどうか検討する。

 夕食会は平成30年4月、都内のホテルで開かれ、安倍首相の支援者ら約800人が参加。会費は1人5千円だった。

 告発状によると、安倍首相と後援会幹部は、1人当たりの飲食代が少なくとも1万1千円はするのに5千円ずつしか徴収せず、後援会の政治資金収支報告書にも夕食会の収支を記載しなかったなどとしている。

https://www.sankei.com/affairs/news/200521/afr2005210023-n1.html

次ページ:
Twitter「安倍首相らの告発状提出」 がトレンド入り

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)




コメント

タイトルとURLをコピーしました