Twitterまとめ

縦割り社会を壊せるか?丸紅、他部署への協力に報奨金支給

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク



丸紅、他部署への協力に報奨金 最大200万円

丸紅は他部署に協力した社員に報奨金を支給する制度を設ける。貢献度に応じ、最大200万円を支払う。社内に蓄積された知見やノウハウを共有して新たな事業を生み出しやすくする狙い。スキルを持つ社員の意欲を引き出す新たな試みで、社内に根強く残る縦割り意識を打ち破りたい考えだ。

新しい制度では、各部署が専門的な知見や顧客先の情報などを公募する。貢献度に応じてコインを付与、1コインあたり1万円として賞与などに反映させる。報奨金は全社で予算化し、協力を得た部署が支給する。1件あたり最大200コインを付与できる。労働組合と協議の上、2020年度中に導入する。

例えば、エネルギー部門の社員が、新しいデジタル技術を求める顧客の情報をシステム事業を手掛ける部署に提供、実際に大きな収益を生み出すビジネスに育った場合、200コインを付与するイメージだ。一人ひとりの社員が持つ人脈やアイデアを部署の枠を超えて活用する契機にする。

社員の貢献度に応じて報奨金を出す仕組みとしては、半導体製造装置大手のディスコが取り入れた社内通貨「ウィル」が知られる。他部署を手伝ったりすれば、ウィルが支給され、賞与にも連動する。今後、こうした独自の仕掛けで社員の意欲を引き出す試みが広がる可能性もある。

衣料品から食料、エネルギー、電力など様々な事業を展開する総合商社では、高い専門性が求められることもあって部署ごとに縦割り意識が根強く残る。丸紅ではこれまでも部署間で知見やノウハウの共有を促してきたが、報奨金を出すことで、「横連携」を強める。

2500人の管理職に対する評価制度も刷新する。これまでは過去数年の評価の「累積」で昇進や昇格を決めてきたが、1年ごとの成果で評価する。個人の役割や能力に応じて毎年の業務目標や報酬額を明確にして、社員の成長意欲を引き出す。仮に目標を達成できなくても翌年度の頑張り次第で昇進・昇格も可能。年功要素をなくした評価制度で、失敗を恐れずに挑戦できる環境を整える。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62960730T20C20A8MM8000/
丸紅、他部署への協力に報奨金 最大200万円
丸紅は他部署に協力した社員に報奨金を支給する制度を設ける。貢献度に応じ、最大200万円を支払う。社内に蓄積された知見やノウハウを共有して新たな事業を生み出しやすくする狙い。スキルを持つ社員の意欲を引

Twitterの反応

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

最終的にはタスクフォースになってくるんじゃないですかね。

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

インハウス副業みたいなものでしょうね。
個人的には全サラリーマンは副業すべきだと
思っています。

報酬だけではなくキャリア感もあると尚可

日本の組織はどの会社も縦割りですからね。
良い取り組みだと思います。
ただ、ひとつ気になる点は、
お金だけではなく、
自分のキャリア感にも影響があると
よいと感じています。

どうしても旧来の正社員制度では本人の希望を
効かずに配属を会社に勝手に決められてしまうので、
行きたい方向と違うということも多々あります。

何百人もの選考をして勝ち抜いた社員が
それで退職してしまう人もいるのですから、
企業としても損失が大きい。

もちろんお金や昇進のように外的欲求
(モチベーション2.0)を満たすのも
悪いというものでもありません。

ですが、自己の成果やお金や昇進の為に
勝てば官軍的にモラルに反した行動をしたり、
同僚に意地悪したりしてでも成績を伸ばそうとする
社員がいるのも事実です。

一方では職場でのいじめ事案が過去最高に
なっているというニュースもあります。

いじめ8年連続最多 労働相談は5万件超に 神奈川労働局 | 労働新聞社
 神奈川労働局(園田宝局長)は、令和元年度の個別労働紛争解決制度の施行状況をまとめた。総合労働相談件数は前年度比5.0%増の5万7143件に上り、5年連続で5万件を超えて高止まりしていることが分かった…


結果的に、そのように昇進して管理職に
なったとしても部下が誰もいうことを
聞いてくれないなんていう管理職を
制度的に量産しているという側面も
あるのではないでしょうか?

外的欲求よりも内的欲求のほうが幸福度は上がる

一方、自分のやりたいことなど
内的欲求(モチベーション3.0)に
進めると人間は最大限の力を出しやすいので、
今までやる気のなかった社員がバリバリと
仕事をするようになるといったケースもあります。

そういう成果をひとつひとつ積み上げることで、
社内的な人事も新たなキャリア感が生まれるので
はないでしょうか。

いずれにしても結果が楽しみです。

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)




コメント

タイトルとURLをコピーしました