クーポン給付事務費967億円 鈴木財務相「過大な水準ではない」Twitterには怒りの声が相次ぐ

クーポン給付事務費967億円 鈴木財務相「過大な水準ではない」

18歳以下への10万円相当の給付をめぐり、現金とクーポンに分けることで事務的な経費が高くなっているという指摘が出ていることについて、鈴木財務大臣は「過去の類似事業と比べて過大な水準ではない」として、妥当だという考えを示しました。

政府が経済対策に盛り込んだ18歳以下への10万円相当の給付をめぐっては、5万円を現金で、残りの5万円相当はクーポンを基本に給付することになっていて、事務的な経費は現金で一括給付するのに比べて900億円程度高い、1200億円となることが明らかになっています。

これについて鈴木財務大臣は3日の閣議のあとの会見で、クーポンによる給付に関する事務費が967億円に上ることを明らかにしたうえで「過去の類似事業と比べて過大な水準ではない」と述べ、妥当な水準だという考えを示しました。

そのうえで鈴木大臣は「クーポンによる給付は子育て目的に限定し、有効期限を設定することで、消費喚起の意味で、よりむだのない給付ができる。新たな子育てサービスの創出など、今後の地域活性化への波及も期待でき、合理性があると考えている」と述べ、今回の対応に理解を求めました。

クーポン給付事務費967億円 鈴木財務相「過大な水準ではない」
広告

Twitterでは『鈴木財務相』がトレンド入り。怒りの声相次ぎ炎上

管理人の意見⇒電子化すればただ同然。緊縮財務省がこの国にとって一番無駄な存在。

マイナンバーって国民全員に割り振られているのだから、すでに自治体にはそのデータベースはありますよね。(というかデジタル庁ってどこいったんだろう・・・?)

別にカードなくてもその番号で本人認証してログインして、QRコードダウンロードさせてスマホに貼れば、タダ同然のコストじゃねーの?と思うんですよね。
(そもそも今の時点でのカードの存在意義が理解できないけど・・・。)

みんな金ないって困っているのに、1兆円くばるのになにを約1000億円も経費かけているんだか。
本当に理解に苦しみます。

岸田さんにしても鈴木さんにしても宏池会(財務官僚出の議員が所属する会派)ですけど、国民生活を無視して緊縮財政を続けたがる財務省がこの国にとっての一番無駄な存在かなと。

それに岸田政権の親中極振りっぷりから考えても、中国のハニートラップくらって言いなりなんじゃないの?と邪推もしたくなるところ。

現金預金がこの国をデフレにしてる元凶だ。

ただ、みなさんに言いたいのは、現金預金はダメですよ。
日本の景気が悪いのは日本全国で通貨が不足してるからです。

政府いくら国債発行しても底なし沼みたいにみんなこぞって現金預金しちゃうから国内に通貨が足りなくなっていつまでもインフレから抜け出せない。

だから、せめて現金ではなく投資して。
株が分らんかったら高級時計買うでも、土地買うでもいいので資産に変えて。

通貨不足でデフレ脱却できないのは、いくら握っても回ってこない回転寿司と同じ理屈

アベノミクスの失敗はトリクルダウンを強制的に起こさなかったこと

国民の生活を無視して増税に走る岸田政権

理想は資産課税+ベーシックインカム

一番いいのは5000万円以上とか1億以上の元気に預金に対して、資産税として課税するのが一番で、そこから上がった税収でベーシックインカムするのが一番いいと思います。

今の年金や生活保護などの社会保障の一部をベーシックインカム置き換えるなら、毎年100兆円あれば実現可能。(実質あと60兆くらい)

若い人は給与とは別に一人7万もらえりゃ、結婚も育児もできるようになるし、ブラック企業も嫌ならとっとと辞められます。メンタル壊す人も相当減って、みんな幸せになれますよ?(笑)

お金が回ればデフレも直る。景気が良くなり給与も上がる。

どうです?ベーシックインカムいいと思いませんか?

【広告】面接時に着用するだけで真実が伝えれれるTシャツ

広告
■その人生の悩み、人生相談のプロに相談してみない?
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x