ヘッポコ首相、#stopjapanbanと世界中から叩かれて、水際対策大幅緩和に走ってしまう。

オミクロン株 水際対策 首相“緩和の方向で検討していきたい”

オミクロン株の水際対策として、外国人の新規入国を原則停止している措置などをめぐり、岸田総理大臣は、オミクロン株に対する科学的な知見の蓄積や内外の感染状況の変化を踏まえ、緩和に向けた検討を行う方針を明らかにしました。

政府は、オミクロン株の水際対策として、今月末まで外国人の新規入国を原則停止するとともに、日本人の帰国者や外国人の再入国者などに対し、自宅などで7日間待機し、公共交通機関を使用しないよう求める措置などをとっています。

これに関連して岸田総理大臣12日、視察先の羽田空港で記者団に対し「基本的な考え方として、変異種も含めたオミクロン株に対する科学的な知見の蓄積、内外の感染状況の変化、海外における水際対策のありようを総合的に勘案していかなければならない」と指摘しました。

そのうえで「これまで留学生などは国益や人道的な観点から個別に判断し、入国を認めてきたが、水際対策の骨格自体がどうあるべきかを見直し、緩和の方向で検討していきたい」と述べ、水際対策の緩和に向けた検討を行う方針を明らかにしました。

岸田首相 羽田空港を視察 職域接種が進むことに期待

岸田総理大臣は、12日午前、斉藤国土交通大臣とともに羽田空港を訪れ、日本航空や全日空が行っている新型コロナウイルスワクチンの職域接種の様子を視察しました。
また、空港検疫の検査場で、唾液を使って陽性か陰性かを調べる抗原検査の様子なども視察しました。

このあと岸田総理大臣は記者団に対し「週明けから全日空と日本航空が羽田空港で3回目のワクチンの職域接種を本格的にスタートさせる。今後、各企業などでBCP=事業継続計画の観点からも職域接種が本格稼働していくことを期待している」と述べました。

また岸田総理大臣は、航空会社の職場環境や社員の処遇の改善に向け、事業や雇用の継続、業務プロセスの効率化のほか、パイロットや整備士の育成と技能向上、それに▽デジタル技術の導入に対し、支援を行っていく考えを示しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220212/k10013480481000.html

Twitterの反応は?

海外ではオミクロン規制は撤廃傾向。

英国や欧州をはじめとしてオミクロンの規制は緩和されているのは事実ではあるものの、日本国内の方向性は絶賛逆方向に流れているので、何故このタイミングで?って思っている人も多そうですが、以前もかきましたが死なないオミクロンにビビって経済止めるより、ワクチン接種率をたかめたり、飲み薬を配布して重症化を防ぐことに全力を注ぐほうが重要かなと思います。

ただ岸田首相がビビってるのは、コロナよりも世界中で巻き上がってる日本叩きじゃないのかなと?思います。

#stopjapanban と #残酷日本のSNSで叩かれ中。

岸田政権の動きを見てると先が読めないようなので、何か起きた時の対応策しかできないのよ。いうてしまえば、人の意見だけ聞いて自分の意見がない『社畜リーマン』のような首相かなと。

ほんと、自分で決められないのであれば、一日も早くやめてほしい。

外国人労働者はデフレの素。賃金上昇の妨げになる。

それに今の日本では日本に就労に来てもらうことはおすすめできない。
実習生制度では、過去には東洋の奴隷制度とまで揶揄されており、日本に来てもらっても安かろう悪かろうになるのは目に見えている。

外国人労働者だけではなく日本の経済にも悪影響しか与えない。ブラック労働の通報窓口と労基法の罰金を20倍くらいにしない限り、外国人労働者の受け入れは、ふたたび東洋の奴隷制度などと揶揄されてしまう。

日本はクールジャパンである以上に、企業内は遵法精神が薄く、クルーエル(残酷な)ジャパンなのだから。

開国しなけりゃ国際競争力が・・・という人もいるようだが、それよりも日本の場合は、ブラック経営者を淘汰しなければ、そもそも経済の未来はない。

広告
■その人生の悩み、人生相談のプロに相談してみない?