Twitterまとめ

同一賃金同一労働の夢破れる!?最高裁がアルバイトに賞与なしを不合理と認めず。

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルバイト職員の賞与認めず 最高裁、待遇格差の是正訴訟

大阪医科大(大阪府高槻市)の元アルバイト職員が賞与の支払いを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は13日、大学側が賞与を支給しなかったことが「不合理な待遇格差」には当たらないと判断した。

契約社員に退職金なし、不合理と認めず 最高裁初判断
賞与・退職金は正社員だけ? 最高裁判断へ

二審・大阪高裁は不支給を不合理な格差と認定し、正職員の6割に当たる金額を支払うべきだとしていた。今回の判決は個別事案についての司法判断だが、政府が進める「同一労働同一賃金」の運用に一定の影響を与えそうだ。

2016年までの約3年間在籍して大学教員のスケジュール管理や電話対応、お茶出しなどを担当した元アルバイト職員の50代女性が、大学を運営する学校法人を相手取って提訴した。女性は時給制で雇用契約は1年ごとに更新され、賞与は支払われなかった。

同小法廷は判決理由で、この職員の職務の内容が軽易だったことや、正職員は人事異動の可能性があったことなどを挙げ「職務の内容などには一定の相違があった」と指摘。賞与の格差は「不合理とまで評価できるものではない」との結論を導いた。

18年1月の一審・大阪地裁判決は、正職員の賞与は「長期雇用を想定している」などとして女性の請求を退けた。

これに対し、19年2月の二審・大阪高裁判決は、正職員らに支払われる賞与は年齢や業績などに連動しておらず「就労自体への対価の性質がある」と指摘。格差は不合理だと認定した。

上告審で女性側は支給水準を争い、大学側は不合理な格差ではないと主張していた。

大阪医科大は大学の統合に伴い来春に「大阪医科薬科大」に改称予定。

最高裁では15日にも、日本郵便の手当・休暇制度の格差を巡る上告審判決が予定されている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64925450T11C20A0000000/

Twitterの反応

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

アルバイトに賞与は不要か?という議論ですが、気持ち的には出すべきかなと。

ただ、そもそも論として、多くの人が勘違いしているのだけれど、賞与というものは給与と違って法的に支払う義務がないお金。
正社員だろうがアルバイトだろうが、なくても文句言えないお金というのが前提。

一部の上場大手企業では生活給の一部になっている企業もあるけど、
そういうところは年収÷16割とかになってますけど。
でも、それもほんの一握りの話です。

ただ、他の記事でも書いているけど、正社員だから安泰なんてことはないのは、
みんなこのコロナ禍で理解しているはずです。

関連記事

正社員の未来も決して明るいものではない。

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

今の世の中、多くの人が「将来が不安」だというけれど、
そりゃあるかないかわからないものにヤキモキしてストレス貯めてたら
必然的に「不安」にもなるのは当たり前だと思います。

私も四半世紀サラリーマンやりましたが、
そこにストレス貯めるより、自分でコントロールできることを
増やしていったほうが結果的に幸福度は上がりますよ?

日本人には『働き方改革』よりも「生き方改革が必要」だと感じています。

あなたはどう感じておられますか?
よかったら下記のアンケートご協力お願い致します♪

アンケート

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)

コメント

タイトルとURLをコピーしました