スポンサーリンク
Twitterまとめ

【コロナ医療崩壊】自宅療養中の妊婦が搬送先なく早産で新生児死亡/産婦人科医のアドバイス

Twitterまとめ
スポンサーリンク

検索キーワード探すなら

スポンサーリンク



自宅療養中の妊婦が搬送先なく早産で新生児死亡

新型コロナウイルスの首都圏での医療体制が危機的な状況となる中、自宅療養中の妊婦が出血があったために救急車を呼んだものの受け入れ先が見つからず、そのまま自宅で出産し、赤ちゃんが亡くなったことが関係者への取材で分かりました。

産婦人科医らのグループは緊急の会議を開き、感染した妊婦の急な出産に備え、事前に受け入れ先を決めておくことを確認しました。

新型コロナに感染した妊婦の出産は、感染対策で手術時間を短縮するため帝王切開を行う準備が必要だったり、生まれた赤ちゃんをすぐに隔離することが必要だったりして、対応できる病院が限られていて、入院調整に時間がかかるケースがみられています。

こうした中、関係者によりますと、17日夕方、新型コロナに感染し、千葉県内で自宅療養をしていた妊娠8か月の30代の女性が、出血があったため救急車を呼んだということです。

かかりつけの産婦人科医に連絡し、救急隊員や保健所などで入院調整が行われましたが、対応できる医療機関が見つからなかったということです。

そして数時間後、そのまま自宅で出産し、赤ちゃんは早産のため緊急の処置が必要で、病院に搬送されましたが、亡くなったということです。

女性は命に別状はなかったということです。

こうしたことから、千葉県内の産婦人科医らのグループは緊急のオンライン会議を開き、感染した妊婦の急な出産に備え、事前に受け入れ先を決めておくことなどを確認していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210819/k10013211121000.html

Twitterの反応

救急車の中の人(非公式)さんのツイートが話題に

救急車の中の人
救急車の中の人

❞自宅療養者が症状悪化して救急車を呼んでも、もうとってくれる病院はないです。

それでも救急隊は10時間以上も酸素投与続けながら100件以上病院に電話を続けます。
そういったコロナ患者に張り付いてる隊が多すぎて本来の救急要請に対応出来ません。
これが政府の作った安心・安全です。 #新規感染❞

https://twitter.com/wfIRL5CS5l2LzCm/status/1425341803029426177?s=19

※現在はアカウントを削除されたようなので、内容だけ引用します。

産婦人科医「妊婦さんもできるだけワクチン接種を」

【ひろゆき×6人の医師】コロナ最前線からの訴え!デルタ株の猛威…40-50代のリスク&ワクチン効果のリアル【ノーカット】|#アベプラ《アベマで放送中》より引用(YouTubeで内容を観る)

自分の身は自分で守ることしかできない。後悔のない行動を。

ひですけ
ひですけ

本当になんとも辛い出来事です。
感染拡大を防がない限り、いつこんなことが

また起こるとも限らない。

自分は若いからと甘く見ないで20,30代の人達にも

「理解」して欲しいと思います。

例え誰がどう言ったとしても、

結局自分や自分の大切な人達は自らの手で

守らなくてはなりません。

誰も責任なんかは取ってくれませんし、

後悔をするのは必ず自分自身です。

今は明らかに経済よりも「いのちだいじに」

のフェーズかと。

私も1人の親として、このお母さん
心の安寧がありますように願わずにはいられません。

アンケート

関連記事

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

良かったら、友達にも共有して頂けると嬉しいです。

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

Amazon今人気の商品

おススメ記事(外部リンク)

タイトルとURLをコピーしました