オミクロン2例目。ペルーから入国。日本到着の国際線の新規予約停止を要請政府関係者。Twitterまとめ

オミクロン株国内で2例目 ペルーから…1例目とは別便

国内で2例目となる新型コロナ「オミクロン株」の感染者を確認。

複数の政府関係者によると、11月29日、ペルーから日本に入国した人が「オミクロン株」に感染していたことがわかった。

2例目の感染者は、11月30日、国内で初めて感染が確認されたナミビアから入国した男性の濃厚接触者ではなく、別の飛行機で入国していて、厚生労働省がくわしい経緯を調べている。

「オミクロン株」の広がりを受けて、政府は11月30日から全世界からの外国人の新規入国を原則禁止している。

【速報】オミクロン株国内で2例目 ペルーから…1例目とは別便

広告
■その人生の悩み、人生相談のプロに相談してみない?

Twitterの反応は?

画像引用:産経新聞

日本到着の国際線の新規予約停止を要請 12月末まで 国土交通省

新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」の感染拡大に対する水際対策を強化するとして、国土交通省は、12月末までの1か月間、日本に到着するすべての国際線で新たな予約を停止するよう航空会社に要請しました。
対象には海外にいる日本人も含まれていて、予約を取っていない日本人が事実上、帰国できなくなることについて国土交通省は「緊急避難的な予防措置だ」と説明しています。

政府は、新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」の感染が広がりを見せていることから、外国人の新規入国を原則停止したほか、1日あたりの入国者数の上限を3500人程度に引き下げるなど水際対策を強化しています。

国土交通省はさらに対策を徹底するとして、航空各社に対し、12月末までの1か月間、日本に到着するすべての国際線の新たな予約を停止するよう要請しました。

これを受けて全日空と日本航空は、1日から国際線の予約の受付を取りやめる対応をとっています。

航空各社によりますと、海外に住む日本人が年末年始を国内で過ごすため12月は到着便の予約が増えていたということです。

すでに完了している予約がキャンセルされることはないということですが、新規予約の停止要請の対象には海外にいる日本人も含まれていて、予約を取っていない日本人が事実上、帰国できなくなることについて国土交通省は「緊急避難的な予防措置だ」と説明しています。

その上で、今後の感染状況に応じて今回の要請を見直すこともあるとしています。

日本到着の国際線の新規予約停止を要請 12月末まで 国土交通省

Twitterでは、航空業界はまた茨だな・・・

管理人の感想

オミクロン株はまだ詳しいことが分かってないので、政府の対応としては、正しいと感じます。
噂のように弱毒化していて重篤化しないと分かれば解除すればいいだけの話なので、酷いとか感情論をぶちまける人もいるようですが、感染症対策の大前提を忘れはダメかなと。

そうでないと『何度も同じ轍を踏んでしまいます』

岸田政権は嫌いだけど、オミクロン株の対応については個人的には支持します。

関連記事

アンケート

【広告】面接時に着用するだけで真実が伝えれれるTシャツ

広告
■その人生の悩み、人生相談のプロに相談してみない?
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x