Twitterまとめ

新型コロナウィルスは後遺症のほうが死亡率よりも恐ろしい。

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

恐ろしい新型コロナの後遺症「私たち世代のポリオ」「重篤化すると全身に血栓塞栓症広がる」

[ロンドン発]新型コロナウイルスに感染し、一時は死の淵を見たボリス・ジョンソン英首相を治療したガイズ&セント・トーマスNHS(国民医療サービス)ファンデーション・トラストのニコラス・ハート教授はツイートでこう呼びかけています。
「新型コロナウイルス感染症は私たちの世代のポリオだ。軽症で症状が穏やかな人もいれば重症化する患者もいる。大量の患者が新型コロナウイルス感染症から回復したあと肉体的、認知、心理的な障害が残るだろう。長期の管理が必要だ。事前に計画を立てておかなければならない」

ポリオについて厚生労働省のホームページはこう説明しています。
「ポリオはポリオウイルスが人の口の中に入って腸内で増え、便を介して他の人に感染。乳幼児がかかることが多い。腸管に入ったウイルスが脊髄の一部に入り込み、手や足に麻痺があらわれ、麻痺が一生残ってしまうことがある。日本ではワクチン接種で1980年の1例を最後に新たな患者は出ていない」
「新型コロナウイルス感染症は私たちの世代のポリオ」というのは、重症・重篤化した場合、回復しても重い後遺症が残る恐れがあるということです。
日本の専門家会議の見解(3月2日)によると、新型コロナウイルスの感染が確認された症状がある患者の80%が軽症、14%が重症、6%が重篤で、重症化した患者の約半数は回復します。高齢者、循環器系の疾患や糖尿病などの持病のある人、喫煙者、妊婦がハイリスクグループです。
新型コロナウイルスに感染して重症・重篤化した場合、どんな後遺症が残るのでしょう。英リハビリテーション医学会(BSRM)の新型コロナウイルス感染症のリハビリテーションに関する報告書によると、主な合併症は次の通りです。

【最も頻繁に起きる合併症】
・心血管、肺および筋骨格系の不良
・拘束性肺疾患(肺の容積減少に伴う肺活量の減少)
・うつ病、不安、心的外傷後ストレス障害(PTSD)といった情動障害
・重症疾患多発ニューロパチーや重症疾患ミオパチーなどの集中治療後症候群
・その他の神経学的影響、脳症、脳卒中、脳低酸素症
・少なくともリハビリ初期段階での急性錯乱状態
・ 倦怠感
・ 認知症

【頻度は少ないものの、共通してみられる合併症】
・血栓塞栓症、心筋梗塞、脳卒中、肺塞栓症
・筋骨格の痛みと不快感
・精神病
・ジスキネジア(運動障害)
・PRES(可逆性後頭葉白質脳症)
・心筋症

英大学キングス・カレッジ・ロンドンの大津欣也教授(循環器学)に新型コロナウイルス感染症の後遺症について質問しました。

筆者:新型コロナウイルス感染による炎症とサイトカインストームによる免疫系の暴走、そして血栓塞栓症が起きるメカニズムについて教えて下さい。
基本的にウイルス性肺炎がひどくなってサイトカインストームが起きて肺炎が悪化、全身にサイトカインストームがひろがり多臓器不全に発展すると理解していましたが、それでよろしいでしょうか。

大津教授:それで正しいです。重篤な感染症が起こると血栓塞栓症が起こるのは新型コロナウイルスだけでなく一般的です。がんでもなります。
サイトカインによって、あるいは障害を受けた臓器成分によって白血球や血小板が活性化され血管内皮が障害され血栓塞栓が全身に形成されます。これを播種性血管内凝固症候群(DIC)と言います。
新型コロナウイルスの場合はこれに加えて内皮細胞にACE2という入り口になる分子が存在するので内皮障害に関係している可能性もありますが、まだ分かっていません。

筆者:重い後遺症が残るのは血栓塞栓症が起きた場合で、その後完全に回復するのは難しいのでしょうか。

大津教授:脳細胞や心臓の細胞は再生できません。いったん虚血そして壊死になるとその部分の機能がなくなります。
心臓ですとその部分が大きければ最初は小部分であっても拡大して心不全が進行することもあるでしょう(心筋梗塞と同じです)。脳だと麻痺が残るでしょう。
肺だと肺細胞が死んで線維化組織に置き換えられると線維化(筆者注:壁が厚く硬くなること)は治りませんから、呼吸困難がそのままあるいは進行もあり得ます。原因がなんでも一般に間質性肺炎はそうです。
腎臓もそうです。組織に線維化が残ると同じです。新型コロナウイルスに限らず心筋梗塞でも肺線維症でも普通の脳梗塞でも肝硬変でも同じです。

筆者:恐ろしい病気ですね。かからないのが一番で、かかるとすぐに治療を受けることが大切ですね。

大津教授:そうですね。肺炎と考えるのではなく全身疾患ととらえてモニターするのが大切だと思います。医者は重症感染症やがんの時には当然、頭にあります。

しかし、普通の風邪のような症状で、急激に1日で肺炎が進行し、そして全身疾患になるのは今までにあまり経験しなかったことです。
(おわり)

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200511-00177907/

最近関連記事

Twitterにある後遺症についてのツイート

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

肺組織が線維化するという話は日本では全然報道されていませんでしたが、3月頃から台湾医師が警告していましたね。
当時(3/2)のツイートが残っていたので貼っておきます。

NewsPicksでも後遺症について特集

スウェーデン社会実験の結果、死亡率12%

ロックダウンに頼らない独特の新型コロナウイルス対策で知られるスウェーデンで、感染者が増え続けている。しかも米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によれば、死亡率は4月30日時点で12%超。これは、感染者が1000人を超える国の中で6番目に高い割合で、現在の感染拡大の中心地で死者数も最多のアメリカ(約5.8%)、ウイルスの発生源とされる武漢市がある中国(約5.5%)と比べても2倍以上の高さだ。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/05/post-93307.php?fbclid=IwAR0-CHVr5lS70tKgH1NEXqcn8S34O0AlSfvppt4o_DLn4cvvAMnltQYcqR0

編集部より

当サイトでは今までいくつかの海外国内の研究チームの動向を追って、記事にしていましたが、ようやく日本の報道機関も動いたという感じです。
かからないようにすることはもちろんですが、かかっても重症化しないようにしていくようにしていく必要があります。

緊急事態宣言解除はもろ刃の剣?

今日のニュースでも政府は34県の緊急事態宣言解除を検討しているとの報道もあります。確かに日本人の死亡数は諸外国に比べても圧倒的に低く、経済的な観点からみれば一刻も早く経済再開すべきとの意見もあります。

中には

「インフルエンザとたいして変わらない」

というような無責任な声も聞こえてきますが、まだまだ謎が多いからこそ、甘く見てはいけないのではないかと思っています。

政府は11日、緊急事態宣言の一部解除を14日に判断するのに伴い、宣言が解除された県同士では移動の自粛を求めない方向で検討に入った。政府関係者が明らかにした。感染拡大が警戒される「特定警戒都道府県」以外の34県などの宣言解除に向け、調整を本格化させる。大規模イベントや接客を伴う飲食店については、引き続き全国で自粛を求める考えだ。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051100694&g=pol

とりあえず、日本政府はコロナ後のことばかりいうのではなく、雇用調整助成金から雇用保険に切り替える法律整備や長期化した場合の議論を続けていくほうが先です。

前回の記事でも書きましたが、急ぎでもない 検察庁法改正法などに時間を使えば使うほど、国民の信任は失せていることを忘れないで頂きたいと思います。

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)

コメント

タイトルとURLをコピーしました