Twitterまとめ

止まらない倒産件数。コロナ時代を生き抜くため必要なコト

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク



7月の企業倒産 847件、前月上回り今年最多を更新

倒産件数は今年最多 製造・サービスが大幅に増加、小売も高水準に

 2020年7月の倒産件数(847件、前年同月比8.2%増)は、2カ月連続で前年同月および前月比で増加し今年最多を更新。7月としては6年ぶりに800件を上回った。業種別では、繊維製品や食料品をはじめとした製造業(105件、前年同月比34.6%増)が9カ月ぶりに100件を上回った。また、サービス業(210件、同30.4%増)が2カ月連続で200件超。自動車販売、飲食店を含む小売業(205件、同1.4%減)は12カ月ぶりに200件超となり件数全体を押し上げた。

 負債総額は、1048億100万円と前年同月を14.3%上回り、2カ月連続の前年同月比増加となった。負債上位をみると、厨房機器卸の(株)AIKジャパンコーポレーション(破産、東京都、負債約47億円)や自動車シート部品製造の(株)イワヰ(民事再生、愛知県、負債約47億円)は、新型コロナウイルス感染症の拡大にともないそれぞれ、得意先飲食店の不振や自動車メーカーの生産調整を受け売り上げが低迷していた。また、コロナ禍の行動自粛が経営不振に追い打ちをかけた医療機関や第三セクターの倒産が初めて発生した。

飲食店の倒産が過去最多ペース

 7月の飲食店の倒産は80件(前年同月比3.9%増)で、2020年1月~7月の累計は478件となった。飲食店の倒産が年間で過去最多となる732件を記録した2019年の1月~7月累計(427件)を1割以上、上回るペースで推移している。負債5000万円未満の小規模倒産が7割超を占めたが、ショッピングセンター内でのFC展開強化など近時の店舗増設にあたり金融機関から多額の借入金を導入していた企業が、コロナ禍の急激な客足減少で資金繰りが悪化して行き詰る事例も複数あり、倒産件数を押し上げた。

 新型コロナ感染者の急増を受けて東京都は8月に入り、酒を提供する飲食店などに対して営業時間短縮を要請。大阪府をはじめ各地にその動きは広がっており、消費者の巣ごもりが加速すると、飲食店の倒産は高止まりする可能性が高い。

コロナ禍の影響は幅広い業種へ、経済活動の停滞が懸念

 新型コロナウイルスの影響で売り上げの大幅な減少などを強いられている中小企業や個人事業主などへの資金繰り支援を目的とした「家賃支援給付金」の給付が8月4日から始まった。8月3日までに約289万件実行(経済産業省)された「持続化給付金」とともに、中小企業などの急場の資金繰りを支える。また、金融機関は返済猶予等の条件変更への対応や実質無利子・無担保の新型コロナ対応融資も実施し、中小企業などの経営を支援している。

 他方、新型コロナ感染者数が再び増加に向かうなかで人々の消費マインドは低下。業種によっては業績回復に水を差しかねず、影響が危惧されている。観光関連業界の需要を喚起するGo Toトラベル事業が政府主導で7月22日にスタートしたものの、東京都発着が除外されているうえ、自粛ムードが再び広まると想定通りの経済効果が発揮されない公算が高い。夏季の季節需要を見込む業界の売り上げや資金繰りの下振れリスクにも注意が必要である。さらに、7月の豪雨による直接被害や天候不順を背景とした農作物の価格高騰も懸念材料となろう。

 倒産件数は6年ぶりに2カ月連続の800件超を記録し、1月から7月の累計件数(4790件)は前年同期(4781件)を上回るなど増加トレンドがうかがわれる。コロナ禍に起因する倒産について、消費者に近い小売・サービス業などに加え、製造業といった業種へも広まりつつある。経済活動が再び急激に停滞した場合、多額の借入金などをかかえ、これまでの事業モデルの継続に展望をもてない企業を中心に倒産件数は今後も増加基調を辿るものと推測される。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6368055
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

Twitterの反応

編集部より

倒産件数がますます増えてきそうな感じですね。

かといって、私のように一度、体を壊した人間にとって、
経済優先してウィルス蔓延させられても困るのも事実です。

若い健康体の人は大丈夫でも、
高齢者や健康を害した人間は抵抗力がないので、
重症化しやすいのも非常に大きな問題です。

ただ、飲食や観光産業にいる人たちにとって
コロナはによる経済停滞は
致死性の猛毒のようになっている。
それも十分に分かります。

今日はそのあたりのお話をしていこうと
考えています。

弱肉強食という人はボス猿みたいなもの

さて、その前に少し余談になりますが、
よく世の中は弱肉強食だなんて人がいますが、
それは違うと感じています。

本当に弱肉強食だというのなら、
例えば、ひとりでジャングルに放り出されても
普通に生活していけるはずです。

ですが実際はほとんどの人間はジャングルで
一人では生きていけない。

大自然から見た場合、人間の強さなんていうものは
ゴミクズみたいなものです。

どんなムキムキマッチョでも
どんな大金持ちでも
自然の中で一人では生きていけません。

軍隊のようなところでサバイバルの特殊訓練を
受けた人間であれば可能かもしれませんがね。

それは強い人というより、
特殊訓練受けた人というカテゴリーじゃないかなと。
そんな人は一般的にはそう多くはありません。

人間は大自然の驚異に対して
社会を形成して生き残る生存戦略を
掲げた生きてきた生物です。

弱くても生き残れる仕組みを作り
長い歴史を生き残ってきたというワケです。

そういう観点でみるのであれば、
弱肉強食論はその人間社会の中で
自分は強いとか、お前は弱いとか
言っているだけに過ぎません。

そんなものは弱肉強食ではなく
猿山のボスがマウンティング
しているだけだと感じています。

それが証拠に
どんな格闘技のチャンピオンも
世界に名を馳せるような大富豪も
コロナの前では無力であり、
重症化すれば死ぬ確率は高いのです。

感染症の戦い方は歴史に学べ

大自然、とくにコト、感染症の前では
天然痘のようにワクチンが出来て
ウィルスが無効化できるまでは
ゴリ押しでモノゴト進めても
それは多大な被害をもたらすだけ
ということは歴史が証明しています。

この動画は感染症の歴史を簡略に
まとめてくれています。

古くから『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』
と言われますが、


コロナなんかただの風邪だーなんて言っている人には
良く見て勉強してほしいと思います。

10分でみる 感染症の歴史 家畜のはじまりからパンデミックまで


そういう観点で見ていくと
前回の記事にも書いた
『クラスターフェス』などは、
他人の命を脅かす愚行の極みだと
言わざるを得ません。

経済を回して感染拡大を予防する為には?

今回のコロナ禍によって飲食業界などは
多大な被害を受けているのは周知の事実ですが、
そんな中でも業績を伸ばした飲食店も存在します。

例えば日本マクドナルドは前年比115%の増益を
果たしていますが、そのヒミツにはアプリによる
囲い込み作戦が功を奏しています。

引用元:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2007/16/news004.html#l_kk_mac_02.jpg&_ga=2.228167322.666720747.1597223173-1538091032.1516377440
マックがコロナ禍でも好調なのは大手ファストフードだから? 公式アプリ「6600万ダウンロード」の本質
マクドナルドの業績は好調だった。その理由は持ち帰りに適した業態だったからなのだろうか。筆者は他を圧倒する公式アプリのダウンロード数に注目する。

ちなみに私の地元でもう30年近く通っている
20席もない定食屋でさえUberEatsを始めたり、
持ち帰りメニューを強化し、SNSで発信するなどして
対応していました。

個人のお店なのでこのコロナ禍で相当影響が
あったのではないかと心配をしていましたが、
先日テイクアウトを注文して取りに伺ったら
意外と繁盛していたので、ホッとしました。

マーケティングを学ぼう

マーケティングの世界では、
「やるべきことをやらずしての業績悪化は経営者の責任」
と厳しい言葉がありますが、

結局は状況をみてどんな手を打ったか?という
危機管理と経営手腕を問われているのと思います。

そういった意味でもマーケティングの基本は
多くの人が身につけるべきスキルだと感じています。

最近ではマーケティングはマンガや小説調に
書かれているものも多いです。

私も元々人材ビジネス業界でマーケティング皆無の
脳筋営業していましたが、差別化も戦略もなく
町を彷徨うのは本当にしんどいと感じる時もありました。

無策で営業するのは
戦場にパンツ一丁で乗り込むのと同じ。

何の策も講じずに業績落ちたーと嘆くのは、
座して死を待つのと変わりません。

まさに

「やるべきことをやらずしての業績悪化は経営者の責任」
といわれてしまうのではないでしょうか?





私がおススメするマーケティングの教科書

コロナの世界を生き抜くために必要なコト

コロナで接触機会を分断されてしまった今、
これまでのビジネスを今まで通りやっていては
残念ながら倒産しても当然なのです。

さて、少し話は変わりますが、
先日8/8、人気アーティストの米津玄師氏が
FORTNITEというオンラインゲームの中で
ライブをしていました。

私も子供たちと一緒にライブを
ゲームの中で視聴したのですが、
その中で米津氏からのメッセージに
とても共感を覚えたので是非紹介させて頂きます。

開演と同時に羊のマスクをかぶった米津玄師が登場! 米津玄師、『FORTNITE』内バーチャルイベントで圧巻のパフォーマンス(エムオンプレス) - Yahoo!ニュース
■「変わっていく時代の中でより新しく、それでいて美しい一瞬をみんなと過ごしていたい」(米津玄師) 米津玄師が、8月7日、バトルロイヤルゲーム『FORTNITE』(フォートナイト)内で、バーチャルイベ

「今回このライブに至るまでにいくつかの大きな出来事がありました」と切り出し、新型コロナウイルスによるライブツアー延期、そして中止となったことが「もっとも大きなひとつです」。

 さらに「待ってくれている人を残してバラバラになって、捨てざるを得なかったライブツアーに変わるものを探した結果、実験的にこういうカタチでライブをやってみようと、そういう決断をするに至りました

FORTNITEライブ内 米津氏MC部分より抜粋
米津玄師 x Fortnite 【超高画質】

飲食や観光に限らず、アーティストもまた
試行錯誤しています。

変化に適用していく為にどうするか?

それを考えるのは、一人一人に与えられた
大きな課題だと思っています。

こんな不安定な時代だからこそ
事業戦略もキャリアの考え方も
マーケティング思考は必ずその一助になる。
そう感じている次第です。

この記事を書いた人

1997年より人材業界にて労務コンサル、キャリアアドバイザーとして活動してたおっさんです。
2017年に原因不明の目眩で自由に動き回れなくなり、自らの働き方をリモデル。
現在は自宅でオンライン相談室や生き方や働き方に関するメディアを運営しています。

Twitterでは生き方や働き方で悩む全ての人に『自分らしく生きる』生き方や働き方・心の在り方を発信。時たま飯テロ。
無料相談はお気軽にDM下さい。

HIDESUKEをフォローする

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)




コメント

タイトルとURLをコピーしました