Twitterまとめ

仏人ジャーナリストのtweet。 コロナ肺炎は感染した腸内細菌プレボテラの免疫過剰反応か?

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク

仏人ジャーナリストMinsiurKさんのツイートが話題

1500を超えるいいね。
以下、一連のツイートを引用して記載します。

Alerte ! Alerte ! RT
Covid-19 : Une découverte majeure !

Info transmise par des professeurs de médecine, médecins et directeurs du groupe Elsan (No 2 de l’hospitalisation privée française).

Plusieurs équipes dans plusieurs pays ( Chine, France, USA), ont fait une découverte majeure de traitement du #covid19 :

Le virus, en effet, ne tuerait pas directement, mais par l’intermédiaire d’une bactérie intestinale qu’il infecterait, la Prevotella..!

et c’est cette bactérie infectée qui, devenant virulente, déclencherait l’hyper-réaction immunitaire qui délabre les poumons et tue le malade !

Ceci expliquerait : 

Pourquoi le traitement du Dr. Raoult, utilisant un antibiotique (l’Azithromycine),

et plus encore celui du Dr Sabine Paliard-Franco, qui préconise une double antibiothérapie, fonctionnent

Pourquoi les enfants sont épargnés et les personnes âgées plus touchées : Provetella est quasiment absente de la flore intestinale enfantine, mais de plus en plus  présente avec l’âge,

Pourquoi les obèses sont beaucoup plus touchés : leur flore intestinale déséquilibrée contient beaucoup de Prevotella !

Pourquoi les complications pulmonaires se déclenchent alors qu’on ne retrouve pratiquement plus de covid dans l’appareil respiratoire,

la bactérie infectée (retrouveee dans les selles, contient de l’ARN du covid et parfois des virus vivants) prenant le relai de son attaque initiale (bénigne), de manière beaucoup plus dramatique, en déclenchant l’hyper-réaction immunitaire inflammatoire qui noie les poumons…

Pourquoi le virus peut réapparaître chez un patient guéri (avec alternance de positivité et de négativité des tests), car la bactérie, toujours présente dans la flore intestinale, en reste l’hôte et peut le relarguer à tous moments…

Bref, cela expliquerait tout ; et cette cohérence augure de la validité de l’hypothèse

Confirmation de l’intérêt de l’azithromycine, à prescrire dès le début de l’infection… de même une piste prometteuse pour traiter préventivement les infections graves,

ce traitement passant par le rétablissement d’une flore intestinale saine qui neutralise Prevotella (par la prescriptions de “probiotiques”, c’est à dire d’une bonne flore intestinale)…

Cette piste thérapeutique ultra-prometteuse et bon-marché rendrait alors caduque l’utilisation d’un vaccin, de découverte aléatoire et onéreuse… ce qui ruinerait donc encore les espoirs lucratifs de Gilead et de ses lobbyistes, après l’échec patent de leurs antiviraux…

dont on ne parle plus trop, vu que les premiers essais thérapeutiques (dont plusieurs malades ont payé le prix de leur vie) se sont révélés catastrophiques, tant en terme d’inefficacité que de toxicité…

Les médias aux ordres, qui avaient lynché Raoult, parce qu’il laissait entrevoir cette piste thérapeutique bon marché, qui concurrençait leurs antiviraux dont ils attendaient de gros retours financiers, nous taisent cette découverte majeure,

Les Mass Media ne parlent eux que de vaccination,

qu’il faudra refaire chaque année, comme celui de la grippe) qu’ils presentent comme la “seule solution”

#StopConfinement

DeepLで日本語に訳してみる。

警告!警告!RT
COVID19:大発見

エルザングループの医学教授・医師・院長が発信する情報(フランスの私立病院No.2

いくつかの国(中国、フランス、米国)のいくつかのチームは、#covid19の治療に大きな発見をした。
ウイルスは、実際には、直接殺すのではなく、それが感染する腸内細菌、プレボテラを介して……!

そしてそれはこの感染した細菌であり、病原性になることで免疫過剰反応を引き起こし、肺を腐敗させて患者を殺すことになるのです。

これで説明がつく 
抗生物質(アジスロマイシン)を使用したラオルト先生の治療の理由
二重の抗生物質療法を提唱しているサビーヌ パリアードフランコ博士のそれ以上に、動作します。

なぜ子供は死なず、高齢者の方が被害を受けるのか。プロベテラは、子供の腸内フローラにはほとんど存在しませんが、年齢を重ねるごとに存在感を増していきます。

肥満の人が多く影響を受ける理由:彼らの偏った腸内フローラにはプレボテラが多く含まれています。

呼吸器にCOVIT19が実質的に残っていないのに、なぜ肺合併症が起こるのか。

感染した細菌(便の中で発見された、covid RNAと時々生きているウイルスが含まれています)は、その最初の(良性)攻撃を引き継いで、はるかに劇的な方法で、肺を溺死させる炎症性の免疫過剰反応を誘発する。

腸内フローラの中に常に存在する細菌が宿主のままで、いつでもウイルスを放出することができるため、治癒した患者にウイルスが再燃することがある(検査の陽性と陰性が交互にある)のはなぜでしょうか?

要するに、それはすべてを説明してくれるだろう。この一貫性は、仮説の妥当性をよく示唆している。

感染症発症時に処方されるアジスロマイシンの価値を確認…重篤な感染症の予防的治療のための有望な道筋

この治療法は、Prevotellaを中和する健康な腸内フローラを復元することが含まれています(”プロバイオティクス “を処方することによって、すなわち良い腸内フローラ)。

この超有望で安価な治療法は、ワクチンの使用を、ランダムで高価な発見である時代遅れのものにしてしまうだろう。

最初の治療試験(数人の患者が命の代償を払った)では、有効性と毒性の両方の面で破滅的なことが証明されたので、もはやあまり多くのことを話すことはありません。

抗ウイルス剤と競合するこの安価な治療法を提案したことで ラウールをリンチした舵取りのマスコミは この大発見を我々に隠している

マスコミは予防接種の話しかしない。

インフルエンザのように毎年繰り返されなければならないであろう)、彼らは「唯一の解決策」として提示している…
#StopConfinement

Alternative Santé誌にも類似記事が。

ネットでプレボテラを検索してみたところ、フランスのAlternative Santé誌にMinsiurK氏のツイートに類似する記事を発見。

編集部より

私には医学的知見はありませんので、真偽を確かめることはできないのですが、医学的知見のある方へこの情報が届けばいいなと思い、記事にすることに致しました。

もし、この記事をみられた方で、お知り合いにお医者さんや学者さんがおられる方は、転送いただけると助かります。


ただ、もし腸内環境が大切というのであれば、せめて納豆やチーズ、味噌などの発酵食品を使った料理をたくさん食べるようにしておきたいと思います。
プロバイオティクスというなら明治のR-1も有効なのかな・・・? 知らんけど。

いずれにしても、志村けんさんに続き、本日は女優の岡江久美子さんまでもがコロナ肺炎が原因で亡くなってしまいました。



これは全世界の人が思っていることでしょうが、コロナ禍一日も早い新型コロナウイルスの早期終息を望みます。

みなさんも、慣れないリモートワークやストレスやコロナ疲れでお疲れじゃないかなと思いますが、コロナの謎が解明できて、治せる病気となるまで、#StayHome 頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました