Twitterまとめ

副業するなら時間を売るな。社員が副業先の残業を事前申告Twitterまとめ

スポンサーリンク
Twitterまとめ
スポンサーリンク



社員が副業先の残業を事前申告 政府、9月に新ルール

副業をする人の残業時間について、厚生労働省は働く人が勤務先に事前申告するルールを9月から始める。働き手が本業と副業とでどう働くかを自由に検討できるようにし、副業を促す狙い。企業による就労時間の管理もやりやすくなるとみられるが、働きすぎる人が増える恐れもあり、厚労省は企業に健康チェックなどの充実を求める。

厚労省は8月中に副業・兼業の新たな指針を公表し、働く人に本業と副業それぞれの勤務先に残業の上限時間を事前申告するよう求める。例えば、月の残業時間の規制上限が80時間の場合、本業のA社で50時間、B社で30時間などと決め、それぞれの会社に伝える。

企業は申告された残業時間の上限を守れば、仮に社員の副業先の残業時間が規制の上限を超えても責任を問われない。副業先での労働時間が把握しづらい場合でも、社員の副業を認めやすくなる。もちろん自社で申告時間を超えて残業させた場合は罰則を受ける可能性はある。本業・副業ともに残業に割増賃金を支払うルールは従来通り変わらない。

働く人にとっては、自分で残業時間を決めることで無理なく働ける面がある。仕事の繁閑に応じ、1カ月単位でそれぞれの企業の残業時間の設定も変えられる。

一方で、長時間労働を助長する恐れもある。働き手が収入を増やそうとして無理に長時間働いたり、実際に働いた時間を短めに申告したりすることも想定される。厚労省は企業に対し、副業する社員の定期的な面談などで管理を徹底するよう促す。過重労働など問題事例が多く生じた場合は、ルール改正も検討する。

欧州でも英独仏などは働く人が過重労働にならないよう、本業と副業の労働時間の合算が求められている。労働時間は労働者の自己申告が一般的で、日本も欧州の事例にならう。これまで厚労省は副業を推進する一方、具体的な手続きを示しておらず、経済界からルールの明確化を求める意見が出ていた。

所得を増やしたりスキルを高めたりするため、複数の仕事に就くことを希望する人は増えている。コロナの感染拡大で就労時間が減少し、さらに関心が高まった。4~5月に会社員を対象に仕事の満足度を高める取り組みを聞いた民間調査では、副業と答えた人の割合が66%に達した。

ただ実際に副業する人は約270万人と横ばいが続く。企業の間の慎重論が響いている。労働基準法は社員が複数の事業所で働いた場合でも、企業が労働時間を合算するよう定めており、就労時間の管理が煩雑にならざるを得ないのが大きい。

経済同友会の調査によると、副業を認める企業は2019年時点で全体の4割弱。認めていない企業の7割以上は労働時間の管理を理由にあげる。特に副業先での労働時間の把握が難しい。

9月からは勤務中の事故などで働けなくなった場合、2つの企業の賃金を合算して労災保険の給付が受けられるようになる。現状はA社でケガした場合は、A社分の賃金をもとに給付を受ける。ケガをすればB社でも働けなくなり、A社分の給付額だけでは生活が苦しくなるとの指摘があった。今年の通常国会で労災保険法を改正した。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63040100V20C20A8EE8000/

Twitterの反応は?

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

日雇派遣については、見直しをかけたほうがいいと思っています。

編集部より

副業先での残業時間を事前申告って
これまためんどくさい法律を作ったねぇ・・・
そもそも副業先で残業ってするの?って感想なのですが。

私は基本的には副業はバイトや他社での
就業には否定的です。

労働はいつまで経っても労働ですから、
基本的に本質的な学びにはなりません。

勉強にならなければ暮らしはよくなる理由は
ありません。

むしろ同じ時間仕事をするのであれば、
自分の学びになる仕事をするべきです。

仕事は仕事でも自分でビジネスを立ち上げ
運営することで、サラリーマンではわからない
世界を見ることができますし、様々な立場の人と
ディスカッションをするから視座が上がります。

労働はあくまでも自分の時間を売る行為なので、
そういったことは絶対にありません。

よくニュースにもなっていますが、
企業内にいる働かないおじさんは
その象徴たる存在です。

本業が稼げるなら副業なんかしたくないって人は
たくさんいると思います。

ただ、そのような人ほど、
サラリーマンだから、正社員だから安泰って
油断しているとは思いませんか?

解雇等見込みは4万人強へ増加 7月末・コロナ要因 | 労働新聞社
 厚生労働省は、7月31日現在の新型コロナウイルス感染症に起因する雇用への影響調査をまとめた。雇用調整の可能性がある事業所数は7万5057社、解雇等見込み労働者数は4万1391人に上っている。  前週…

コロナウィルスによって、事業環境は
ますます悪化していきます。

これから年末にかけてどんどん倒産も
増えて来るでしょう。

不安を煽るのではなく、現実をみなきゃ
いつまで経ってもそのままです。

会社がコケたらもろとも地獄を味わいます。

その時に「クソみたいな会社だった」と
文句を言っても、それこそそれを選んだのは
自分なのだから自己責任ではないでしょうか?

対岸の火事だと油断していると
青天の霹靂を食らう羽目になりますよ?

日本人は大人がもっと世の中を学ぶべき
じゃないかな?と感じています。

 

管理人<br>Hidesuke
管理人
Hidesuke

自分らしく生きる為にも
未来に資することは大切です。

結局、人間死ぬまで勉強ですよ。

お願い

ハタラキテノコエはブログランキングに参加中。
この記事がよかったよ♪という人は下のバナーをひとポチお願いしますm(__)m

 

この記事が良かったら
イイね!よろしくお願いします♪

おススメ記事(外部リンク)




コメント

タイトルとURLをコピーしました